スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2006の投稿を表示しています

Par-5の攻め方を考える

どんなにいい球を打とうが、どんなに遠くへ飛ばそうが、巧くならない(スコアが伸びない)のがゴルフというスポーツの摩訶不思議な点の1つかもしれない。「ゴルフってのは、力が強い、屈強な野郎が勝てないから面白くない」と漏らすことを耳にするが*1、他のスポーツに おいて、単に力が強いというだけで勝てるのだろうか?と疑問に思う。相撲の横綱は、並外れた腕力を備えているから横綱に君臨することができているのだろう か?答えは「否」と返ってくるに違いない。腕力は一つの資質、必要不可欠な要素であるが、「心技体」といわれるように、特に「心」にあたる精神力など、 フィジカル (physical)に目に見えない要素が秀でているからだと思う。
さて、Par-5ホールの攻め方を考えてみる。
Par-5というのはわりと(比較的に)いいスコアが出易い。恐らく過去の成績を見直しても、Par-5の平均スコアPar-4に比べてよくなっている事例が多いと思う。Par-5は大体レギュラー・ティーから打つと500ヤード前後, 短いと470ヤード程度, 長くても550ヤードくらいだ。
仮に長さが500ヤードホールでパーをとること (5打, 3オン+2パット)を考えてみましょう。ティーショットドライバーで打ち、真芯を食って250ヤード飛んだとしましょう。そうすると旗はグリーンの真ん中に立っているので、残りは凡そ250ヤード。さて、次打をどうするか。
3番ウッドの是非そこで少なからずウッドショット、特に3番ウッドで打つプレーヤーをよく目にする。ハンディキャップが一桁な上級レベルに至れば, 3番ウッドで250ヤードもの距離を狙えるようになるかもしれないが、そういうのはおいておいて、もっと一般ゴルファーのレベルで考える。まず、3番ウッドが打てない。打ててもトップして150ヤードも飛ばないか、曲げたりして次打が打ちにくい場所にはまったりとか、5であがれるのが6や7になってしまう恐れががある。
下の、Golf Digestから引用した90を切るためのtipsには、「大方のハンディキャップが15以上のプレーヤーは3番ウッドを巧く打てなく(クラブの番手なりに飛ばせない)、フェアウェーを捉えるのが難しい」としている。「5番ウッドの方がやさしい」(故に、平均飛距離は伸び、フェアウェーをキープしやすく、アプローチが楽になる)そうだ…