クラブのフィッティングは重要 - California Golf Technology (Golf Lab)へいってきた

ゴルフを初めてからこれまでスィングをよくするとか、道具にこだわるとかには、特にあまり注意をしておりませんでした。が、現在は明らかにそのスィングが変なせいでプレーができないのであります。


これは困った。原因がはっきりして、回復できるまでプレーはしないし、したくない。


グリーンフィーの無駄だ。


年末の事件から、問題が 1) スィングにあるのか 2) 道具にあるのか、をハッキリさせるために道具を完全にフィッティングしてもらうことにしました。基本的に問題は両方が原因ですが、1) よりも 2)の方が機械的にすぐに改善でき、1)の原因をisolateできるはず。


ということで、このあたりで腕利きのクラブフィッターを探す事にしました。リサーチの結果、ロケーション、コスト、熟練度などを総合的に考慮して、Palo AltoにあるCalifornia Golf Technology (Cal. Golf Tech. またはGolf Lab)に予約をいれました。
URL: http://www.calgolftech.com/


最近、トム・ウィション著の「完璧ゴルフクラブの選び方」(The Search for the Perfect Golf Clubs)を読んで驚愕しました。明らかに、私の道具は体格にあっていない。ドライバーのシャフトは2インチくらいは長く、アイアンのライ角は1-2°はアップライト、シャフトは1/2インチは長い。他の重量や、ロフトなど無数にパラメータはありますが、かなりクリティカルに効いてくるライ角やシャフトの長さについては即刻修正したい。



アイアンは、NikeのSlingshotを使っているのですが、これは特殊な構造のため「このクラブはショップでは調整できない」と言われ続けてきました。ということで、過去2年半はそれを信じて、クラブが合っていないことをなんとなーく感じながら使ってきました。それはもう気持ち悪い。この本を読んでしまった後では。


が、実はSlingshotは調整可能。すくなくとも、このCal Golf Techでは可能。「調整不可能」と思っていたので、アイアンを交換しないといけないかなと、思っていましたがこれは幸運。


フィッティングの結果はいずれ練習して記録しよう。


Cal Golf Techのクラブフィッタの知識、経験、能力はすばらしい。この日はかなり感激した。


残念ながら、フィッティングの途中でシャンク病が激しく出てしまったので完全にはフィッティング作業が完了しなかった - フィッティング料もかなりまけてもらった。故に、アイアンはシャフトの長さ、グリップの変更、ライ角の調整という単純な事項にとどまってしまったのではあるが、私のスィングのウィークポイントを数値的に洗い出すことができ、有益だった。いずれ病気が治り、少しはまともに打てるようになったらきっちり調整してもらうことで合意した。


確実に言えるのは、ゴルフクラブは量販店で無調整で購入してはいけないことだ - "Off-the-rack clubs"を使うのはやめる。それは無意味に自分のゲームを難化させるだけである。少なくとも、あなたのドライバーのシャフトの長さは1 ~ 1/2インチ長過ぎるはずだ (通常のドライバーが45インチ超の長さで売られているとして)。それを適切に調整するだけで、芯に当る確率が信じられない程上がる - スィングを変えないで。

0 件のコメント:

スパイグラス•ヒル (Spyglass Hill) をプレーする

基本データ コース長さ / コースレート / スロープレート blue: 6960 / 75.5 / 147 yellow: 6538 / 73.2 / 144 white: 6123 / 71.4 / 137 red: 5381 / 72.9 / 1...