2009年6月11日木曜日

ラウンド毎のショットの出来・不出来の波を小さくしたい

久々にゴルフクラブを振ってみると、「いつもと同じようにスィングしてるつもりなのに、なぜかあたらない」ということがあります。同じようにしているつもりなのに、何かが違うのでしょう。


基本に戻ってグリップから見直してみたところ、どうやら今回はボールの位置がおかしいみたいでした。



言い換えると、ボールと体の距離が離れすぎているために、クラブの軌道が以前のようなインサイドアウト過ぎになり、トップ/ダフり/スライス/フック がランダムに暴発するショットになっていました。離れすぎているといっても長さにして5 cmもないくらいだと思うのですが、ちょっとボールに近づいて構えてみると変なミスショットがなくなるみたいでした。


From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク矯正課




ショットの度に安定して一定の姿勢に構える重要さを痛感しました。


ミスショットが出たら、まずはセットアップを徹底的に検証するのがよいようです。


From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク矯正課

0 件のコメント: