2010年3月11日木曜日

簡易ドライビングレンジ (?)で距離計測

体重や筋肉の変化(=退化) のせいか、身体のキレがなんとなーくしっくりきません。フルスィングに行く前に、まずはチッピング等の短いショットから見直すことにしました。


そもそも、例えば自分のSWをどれくらい振れば、どれくらいボールが飛んで、転がるか? の感覚がよくわかりません。目で見た距離と、クラブの振り幅の関係をきっちり身体で覚えるのがグリーン周りでストロークをセーブするのに役に立ちそうですし、クラブの芯でボールをとらえるいい練習にもなります(フルショットは振り幅を大きくするだけですし)


From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シングル育成課



練習用グリーンで距離を計って、SWをどれくらいバックスィングすれば、どれくらいの距離を飛ばせるか試してみました。距離は歩測しかできないので、レンジファインダーが欲しいところですね。。。また、使用するボールは実際のコースで使うボールと同じものにすると、実際にどれだけキャリーして、ランするかがきっちり見えます。ボールの種類によって、スピンのかかり具合は相当変わりますので、アプローチのタイプによってクラブの振り幅も変わるでしょう。(1個70セントで手に入れた中古の) Pro V1は、チッピングの転がりもよいですし、ロブショットなどではしっかりとスピンがかかって面白いように止まります。

大まかに、57度のウェッジで:
  • 1/16 のスィング - 5ヤード
  • 1/8 のスィング - 10ヤード
  • 2/5 のスィング - 20 ヤード
  • 1/4 のスィング - 35ヤード
ランはどれもせいぜい1-2ヤードくらいでした。


その後ちょっと9番アイアンをフルスィングしてみましたが、、、シャンクが暴発しまくりました。。。グリップやスタンスの基本から見直しが必要のようです。「そもそもゴルフクラブの握り方はどうするんだっけ?」と疑心暗鬼になったし。。。


またもや、魔法の練習器具の出番かもしれません。(↓)

From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シングル育成課

0 件のコメント: