クラブ編成の簡略化 - 4番ウッド導入? (Cleveland Launcher, 17-deg, UST iRod R-flex)

前回の記事でクラブ編成をしばらくハーフセットにして、スコアメイク重視の姿勢に戻すことにしました。

アイアンなどは、3, 5, 7, 9番に、SWとパターで確定です。コースによっては、4,6,8,PWに変わるかもしれません。


問題は、ウッドとハイブリッドです。これまでは、ドライバー、3番ウッド、2番ハイブリッドを入れていました。が、このところドライバーを打つのが楽しくなってしまったせいか、以前は重宝していた3番ウッドの出番がめっきりなく、バッグに入れている意味がほとんどありません。


ハーフセットには、あとティーショットとフェアウェーからも両方の場面でつかえるクラブが1本必要です。2番ハイブリッドはこの条件にぴったりです。加えて、左右に曲げるコントロールも比較的やりやすい。3番ウッドは、フェアウェーから打つにはまだ不安です。

From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シングル育成課



というところに、以前中古購入して結局つかっていなかった4番ウッドがありました。「たまには道具を疑ってみるのも吉 - Titleist 975D ドライバーのバランスがD6ですって!?」の回に出てきたウッドです。
  • 長さ = 42.75インチ
  • 振動数 = 246 cpm
  • 総重量 = 325 g
  • スィングウェイト = D1.5
当時は3番ウッドの代わりに、ノリで買ったのですがシャフトが気に入らなくてコミットできず結局ラウンドでは1,2回使った程度でした。


今回は、こいつを思い切ってリシャフト、自分のハイブリッドに入れて気に入っているUST iRod (75g, R-flex) を刺していただきました。


From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シングル育成課



総重量が337gとちょっと軽めかな、という感じですが、写真でみると3-woodとハイブリッドの間のクラブに仕上がってそうな感じです。全長はやや短めに41.5インチにしました。

From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シングル育成課




まだ全くボールを打ってはいないので何とも言えませんが、クラブヘッドの外観、シャフトとグリップの実績、クラブ全体の長さと重量はいい感じの範囲に収まっているはずなので、こいつをティーショットとフェアウェーで距離を稼ぐ道具にしてみようと思います。


From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シングル育成課



もし、この4番ウッドを加えてフルセットにするなら、

ドライバー, 4番ウッド、3~PW, SW, パター

の12本にするかもです。相当シンプルな構成になります。

7~PWは1,2度づつロフトを寝かして、PWで50度くらいになるようにしてもいいですね。

今年の目標... は引き続き「33%」

久しぶりの更新となりましたが、先日2010年の初ラウンドに行ってきました。

From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シングル育成課

スコアは特につけなかったのですが、白ティーからプレーして95くらいだったと思います。グリーン周りへいくまでは特に苦労せず、ボギーペースは充分に上回る感じだったのですが、練習をしていないとせっかくのロングゲームも台無し。あがってなんぼですね。。。


また、今日は趣向を変えて、クラブの数を半分にしてみました。
  • 2番ハイブリッド (19度)
  • 5, 7, 9番アイアン (30, 37, 44度)
  • SW (57度)
  • パター
の6本です。ハイブリッドは一昔前のドライバーくらい飛ぶようになってきたので、白ティーからのプレーなら問題なしでした。アイアンの本数も3~4本くらいのほうが、判断にかける時間がすくなくなり直感に頼って選択できて良好です。


課題は、(相変わらずですが)グリーン周りのスキルでした:
  • 3 GIRs、すべてのホールで3パット
  • グリーンを外した15ホールのうち、セーブできたのは2ホール。
  • ダブルボギー7回くらい (3パットがらみの素ダボがほとんど)

こういう調子、ショートゲームのレベルでは次のステップを超えるのはなかなか難しい。50%とは言わないまでも、33%くらいは達成したいものです。


また、ドライバーがなくとも、Par-3の距離には関係がないし、Par-5なら3打で充分に届きます。ですので、今回のようなハーフセットでも、18ホール中、Par3と5を合わせた8ホールは、レギュレーション通りにのせるチャンスがあるでしょう。また、中には短いPar-4もありますから、飛距離がでなくてもGIRsが稼げない言い訳にはなりにくい。


ということで、今年の目標は引き続き「33%がんばればスコアアップするのではないか説」をコンスタントに達成することにしてみます。要は、
  • 6ホールで、パーオン (GIR)
  • 4ホールで、セーブ (scramble, 12ホール中4ホール)
です。これでダボを回避できれば、単純に8オーバーのスコアですので非常に魅力的です。


スコアベースの目標はコントロールしにくいのですが、まずは85をコンスタントに切るレベルにもっていきたいですね。。。。。


クラブ構成は、番手なりの綺麗な打ち分けができないので、ハーフセットのまましばらくプレーしようと思います。


2番ハイブリッドの代わりに、4番ウッドにして、3番アイアンを足してもいいかもしれません。または、ハイブリッドかウッド1本に、4,6,8,PW, SW, PTで7本とか。


これについては次の記事で触れさせていただきます。

スパニッシュベイ (Spanish Bay Golf Links) をプレーする

スパニッシュベイ (Spanish Bay Golf Links) は、モントレー (Monterey) にあるペブルビーチリゾートコースの 1 つです。コースの名称通り、海沿いにつくられリンクススタイルのコースになります。野生の鹿もたくさん生息しています。 基本デ...