2011年2月1日火曜日

Titleist 975Dドライバー到着: その後

ちょっと時間がたってしましたが、2本目のTitleist975Dは、とりあえずぼろぼろになっていたグリップを、いつものGolf PrideのTour Velvet ('58 round)に交換し、長さを44.0インチにカットしてもらいました。

From アメリカ シリコンバレー的ゴルフ研究所 (2)



(距離が伸びる伸びないはどうでもよく) 高い弾道が出るクラブが欲しいので、シャフトを交換は必須なのですが、元々インストールされてるEI-70のシャフトがどんなものか、本当に自分に合っていないことを確認するために、しばらく使うことにしました。

重さをはかると総重量が335gもありました。ちょっと重いかも。。。。

From アメリカ シリコンバレー的ゴルフ研究所 (2)




交換は、いろいろと予算とアクセスを条件に、この辺りのクラフトマンを探した末、ここにお願いしました。今回はグリップの交換だけだったので、大した作業をお願いできませんでしたが、リシャフト等にいろいろ知識をもらえました。フィッティング料金もわりとリーズナブルにできそうです。

もし高弾道のシャフトにして、コストパフォーマンスも最高にするなら、USTのAxiv Core Blueになりそうな気配です。 

0 件のコメント: