2012年11月17日土曜日

ベン•ホーガンApexアイアンの塗り直し (その2)


今年の1月にアイアンの番手部分の塗り直しを行いました (ベン•ホーガンApexアイアンを手直し (2012年1月27日))。今年はゴルフをしてきた中でも最もラウンド数が少ない年になりそうですが、それでもアイアンの番手部分の塗装のハゲが気になってきます。

塗り直しはこんな状態: 7番~PWにハゲが目立ち、4, 5番アイアンは赤色が所々はげているのが目立ちました。プラカラーははげやすいのかもしれません。



前回は、プラモデル用のエナメル塗料を使いましたが、今回はマニキュアを使用します。マニキュアの方が、実は使いやすい。まず、ふたを外せばそのまま筆になるので、エナメル塗料を塗るときのように、筆と洗浄用のシンナー、小皿を準備する必要がなく、手軽に作業できます。Apexアイアンに合う赤色と、お試しでメタリック系の青を用意。



試しに色のバランスを見るために、5番アイアンと8番アイアンを塗ってみました。やっぱり、Apexアイアンには赤色がしっくりきますね。



ということで、他のアイアンも赤で塗り直します。まずは、はみ出しを気にせずに色を塗ります。24時間くらい乾燥させました。マニキュアなので、もっと早く乾燥するかも。


乾燥後、綿棒にネイル落とし (=シンナー)をしみ込ませて、はみ出た塗料を拭き取ります。


丁寧に拭き取った後の状態がこれです。番手の色を綺麗にするだけで新品みたいに見えます。



マニキュアの耐久性が、プラカラーに比べてどのくらいか興味があるところです。予想では、プラカラーよりもはげにくいのではと思っているのですが。。。

0 件のコメント: