ドライバー(ティーショット) の練習

僕はとにかく、ティーショット、特にドライバーが苦手です。

ゴルフを始めて4年くらいは3番ウッドや7番ウッドでティーショットを打つのが主体だったり、90切るくらいまではドライバーがバッグに無かったのが、そもそもの根源かもしれません。

ドライバーショットは、調子の良いときと悪いときの差が激しく、フェアウェーを外してラフ、とかなら全くの許容範囲ですが、木に打ち込んだり、隣のホールに打ち込んだりとかが始まるとPar-5, Par-3以外はがんばってボギーしかとれなくなります。

スコアメイクのために重要なパターやチッピングにも時間をさきつつ、最近はドライバーを自信をもって、確率よくボールをイン・プレーにする練習をしています。フェアウェーに残らなくてもよいから、隣のホールへの打ち込み (またはOB)や、林への打ち込みを無くし、とりあえずどのホールもグリーンが見える場所へ打ってゆくのが当面の目標です。


一先ず練習場でできることとして考えたのは、「仮想フェアウェイ」に落とす練習。下は近所でよく使う練習場所なのですが、奥行きが余り無いので230ヤードくらいで奥のネットに当たります 。練習ボールでそこまでダイレクトに飛ばす心配は無用ですが。。

ティーから約200ヤードの地点に幅が32ヤード程度のグリーンがあり、そのグリーンの上空を通過できたら「ティーショットがインプレー(またはフェアウェイ)になる」と判定します。

普通にプレーするコースだと、だいたいティーショットの落としどころの幅は35~40やーど。220~230ヤードくらいのキャリーだと、200ヤードの地点で32ヤード幅に収まっていれば、落下点でちょうど許容範囲に収まるくらいだと思う。少なくともこの範囲にあれば、実際のコース上で、隣のホールやOBになることはないだろう。



まずはどれくらいの確率で収まるかを計測。

  • 気温: 25度
  • 風: 無風
  • 天気: 快晴
  • ティーの高さ: 2.5インチ (ボールの上半分が丁度、ドライバーの上に出る高さ)
  • ドライバー: Titleist 975D (44.0インチ, UST V2-R)

結果
  • 1セット目:  5 /10回
  • 2セット目:  7 /10回
  • 3セット目:  5 /10回
  • 4セット目:  5 /10回
  • 5セット目:  2 /5回
合計: 22 /45 = 53.3%

各セットで1回づつ、右肩が突っ込んだことによる右へのスライスOB, 左引っかけがあるので、45球のうち10球はペナルティを払ったことになります。


練習場では、70%は32ヤード幅のセーフゾーンに打ち、OB候補の球を無くすようにしたいですね。







練習用のドライバー

今年の始めに手に入れたパーシモンドライバーのグリップを交換して、本格的に練習用ドライバーとして使ってみることにした。どうしても、ティーショット、特にドライバーは最も苦手な部分なので、改善をしたい。



このクラブのロフト角はわからないが、総重量は380g、シャフトの長さは43.5インチのスチール製。

いままで何回か打ってきた感触では、メタル・ドライバーよりもヘッドがスクウェアに戻るタイミングがほんのわずか遅れるようで、フェードになりやすい。故に、ほんのわずかだが、ボールを通常のドライバーよりもターゲットよりに1インチ程度左にずらすことで、ストレート/ドローの弾道がでるようになっている。(それよりもさらに左にボールを置くと、セオリー通りにフェードになる。)

理由としては、クラブの総重量が重いためか、シャフト径が大きいいためにグリップが太いのが原因ではないかと思う。今回、グリップを交換して、他のアイアンやウッドと同じくらいの太さに近づいたので、このパーシモン・ウッドに合わせたスィングやアドレスをしなくても、同じスィングでボールを打てるのではないかと期待している。

最大飛距離はメタルドライバーと比べてさほど問題ないが、やはり打ちミスをすると途端に飛距離が愕然と落ち、3番、2番アイアンの最大飛距離程度になるようだ。

デザインが非常に気に入っているので、ぜひとも使いこなして、スコアアップに繋がればと思う。


スパニッシュベイ (Spanish Bay Golf Links) をプレーする

スパニッシュベイ (Spanish Bay Golf Links) は、モントレー (Monterey) にあるペブルビーチリゾートコースの 1 つです。コースの名称通り、海沿いにつくられリンクススタイルのコースになります。野生の鹿もたくさん生息しています。 基本デ...