スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2013の投稿を表示しています

ドライバー(ティーショット) の練習 - その2

最近のドライビング・レンジでの練習は、ほぼ全てをドライバーと3番ウッドのショットに当てています。1球1球の結果を検証しながら打つので、50球打つだけで1時間以上かかります。

前から参照しているスィングのチェック項目:

グリップよしボール位置よし目標方向よしクラブの始動方向よし (シャンク修正の項を参照)ダウンスィングを下半身の捻り返しからスタートする の条件がそろうと、ミスが生じることはほとんどないはずなのですが、それでもしつこくミスが生じることがあります。言い換えると、自分では正しくスィングしているつもりでも、どこかがおかしいのです。


ちょっとわかってきたのは、いわゆる「肩が入ってない」「ダウンスィングで、右肩がつっこむ」というやつらしいのですが、左肩がバックスィングで十分に回ってないみたいです。それをどうするとよいかというと、アドレスであごを上げることです。
シャンクを直していたころに、「あごを上げて構えると、シャンクが治るかも?」みたいな仮説をたて、結局直接の解決策には至らなかったので、重用視していませんでした。が、もしかしたら、いわゆる「正しいアドレス」をするには必要な要素なのかもしれません。ジャック・ニクラウスは、自著"Golf My Way"で「アドレスの正否が、ナイス・ショットの90%にかかっている」みたいなことを書いていました。
以下は、シャンク病について書いていた記事で、中部銀次郎氏の解説を引用したものですが、再度引用します。


---------- しかし、名手も含めた多くのゴルファーのスウィングを見てきて、アドレスではあごを引いてはいけない—と私は思う。なぜなら、あごを引いたアドレスから、 バック・スウィングに入ると、左の上腕部があごに当たって(右利きの人の場合です)、左肩が十分に回らないことが往々にしてあるからです。自分では気づかないまま、ダウン・スウィングで右肩が突っ込んで引っかけボールになったり、大きなスライスを打ったりするのは、この左肩の回りの浅さに原因していること が、じつに多い。
だったら、どうしたらいいのか。アドレスしたとき、後頭部の毛をちょっと後ろに引っ張られたように顔をあげてみる。そうすると、あごがのどから離れ、ボールを 少し見下ろす形になるでしょう。これが、アドレスにおけるチェック・ポイントの第一点。試みに、こ…