クラブは縦に振る

かなり前にシャンクを必死に治そうとしていたころに、スィング自体を根本的に直していました。そのときに、イマイチよくわからないまま放置していたのが、どのようにスィングのトップから切り返したらよいのか、ということです。

シャンクを直して、80を切るようになってからも、実はよくわからないまま放置していました。というか、解明の糸口がイマイチわからないままでした。 

仕事をするようになってゴルフをプレーする機会がめっきりへり、スコアがまるっきり進歩しないまま5年くらいたちました。が、おかげで頻繁にスィングの再現性をよくする機会が増え、何がどうなったら、良いボールが打てるのか、悪いミスに繋がるのかがじょじょに分かってきました。

さらに、何がきっかけかは忘れてしまいましたが、トップからの切り返しはどのようであるべきなのか、ようやく一応の自分なりの答えがでたように思います。今回は切り返しの直後についての自分なりの発見と理解です。


一言でいうと、切り返し後はクラブを縦に振る、のがキーです。縦とは、地球の重力ベクトルと平行の意味です。

縦に振るには、左腕が真下に下がり、右ひじが右腰にこすれます。そのときに同時に(自然と)体重が左足側に移動します。右ひじが右腰に擦れると同時に、体重も移動します。ここはこの2つの動作が同時に発生します。





↑アドレス時、スィングを始動させる直前です。
  • 緑:左腕の方向、(および地球の重力ベクトルの方向)
  • 赤:背骨(spine)
  • 黄:トップ時に、腕とクラブが重なる線





↑スィングを始動した直後です。



↑スィングのトップです。黄色い線上に右手とクラブが重なります。赤と黄の線が直行するかどうかは、個人の体格によって異なるかもしれません。

この後にスィングを切り返します。


一番重要なポイントです。切り返し後は、左腕が緑の線に重なって、平行に落ちてきます。振り上げたクラブを、シンプルに縦に振り下ろしている様子がよくわかります。

自分はこの左腕のラインが、むしろ黄色の線に近づくように、平行になるようなイメージでスィングをしてきました。が、そうすると、スィングスピードが出ないのと、ひっかけたり、ろくな球が打てません。



↑インパクト直前の状態です。左腕がしっかり緑の線の上にのっています。




↑インパクト時の様子。




この写真はショートアイアンのスィングなので、ドライバーなど長いクラブでは若干緑の線が斜めになるかもしれません。が、基本的にどのクラブ、どのスィングでも(左腕を)縦に振るのが切り返し後のポイントかなと思えてきました。




2008年当時、100発100中シャンクしかしないころのスィングの写真がありました。ドライバーのスィングなので、上の絵の緑の線よりも斜めになって然りですが、それでもこれはあまりにも手と腕が前に出過ぎですね。上の絵の中の黄色の線とほぼ平行に近い。




切り返し後に、左腕のリードで、クラブを縦に振ることができれば、あとは自然にいい球が打てるようになりました。この発見がロングゲームの改善に繋がってきていると思います。

1 件のコメント:

ペタポン さんのコメント...

なんか、あなた様のブログ見てると、ゴルフに対する考え方が
非常に似てます。
私も、左手を垂直に降ろすことで、フェースを閉じれるようになりました。
母指珠体重のための前傾ではなく、左手を垂直に降ろすための前傾姿勢
だと思ってます。
インパクトの際、出来るだけ手を体側(ずばり急所)のほうに引く
イメージで、ライ角をできるだけ維持するようにすると、
フェースが走るような気がします。

スパニッシュベイ (Spanish Bay Golf Links) をプレーする

スパニッシュベイ (Spanish Bay Golf Links) は、モントレー (Monterey) にあるペブルビーチリゾートコースの 1 つです。コースの名称通り、海沿いにつくられリンクススタイルのコースになります。野生の鹿もたくさん生息しています。 基本デ...