ドライバーをカスタム•フィッティングする - Callaway Great Big Bertha (2)

ドライバーをカスタム•フィッティングする - Callaway Great Big Bertha の続きです。先日注文した GBB (Great Big Bertha) が到着しました。




まだドライビングレンジで打っただけで、正確な計測はしていませんが、Titleist 975D と比べて次のような結果になりました:
  1. 着弾点が以前よりも 20 ヤードは伸びている。クラブに慣れてくると、もっと伸びそう。
  2. ミスした打球でも、975D でミスした時のそれよりも飛距離が伸びている。
  3. 球の落ちる地点のばらつきが小さくなった(ように見える)。
  4. ミスをしたときの曲がりが小さくなった。975D では プルフックになるあたりが、プルだけで留まったりする。
よって、スコアに一番肝心なティーショットで、(1) 平均飛距離が伸びる、(2) より in-play にしやすい、という結果です。早くラウンドで試してみたいですね。

適切にフィッティングされたためか、ハイブリッドクラブを振る くらい、簡単に自動的にボールが打てるなぁ、と思いました。ゴルフがもっと楽になりそうです。975D は練習用として、適宜練習時に振っておこうと思います。


GBB のヘッドの設定は、ロフトを 1 度立て、ライ角は Neutral、クラウン部のウェイトは若干ドローバイアスにすると一番よい、という結果です。フィッティング中の計測は、打上げ角が標準ではちょっと高すぎる (16-18度) のと、僕のスィング軌道が一定してインサイド - アウトな軌道なため、プッシュになるのを防ぐためです。

Titleist 975DCallaway GBB
ヘッド体積260 cc460 cc
シャフト長さ44.00 inch45.00 inch
クラブ重量312 g + 7 gの鉛317 g
スィングウェイト        D1D2
ロフト角9.5 度9 度 (8 度に調整)
シャフトUST V2 Regular   
55g 
Fujikura Speeder 665
65g
市場投入1997 年2015 年
飛距離の目安220~230 ヤード240~250 ヤード (かな?)


飛距離の伸びはともかく、もっとティーショットのボールが曲がらず、とりあえずグリーンを狙える地点に落ちる可能性が増えるだけでも、スコアアップにつながりそう。




グリップは Golf Pride, Tour Velvet, リブなし, ラベル上向き , Men's standard サイズ を指定して注文。


クラブの全体的な色が、黒と赤と白で落ち着いた感じになってよかったです。


ヘッドカバーとレンチ。





5 件のコメント:

pon peta さんのコメント...

師匠、そりゃないっすわ。師匠は、975Dを使ってるからかっこいいのに、、、何か、流されてる感じがします。 ぺたぽん 拝

Sei Higuchi さんのコメント...

えーと、なぜドライバーを変えるのかというと、、、実は密かに計画しており、最近のラウンドでドライバーのクリティカルなミスが目立ち思い切って変えることにしました。僕のゴルフの目的は、かっこいい道具でプレーするというよりは、1打でもよいスコアで回ることです。ゴルフのルールでは難しい道具でプレーしたからハンディキャップを多くもらえることもありませんし、スコアカードに現れるのは「何打でホールアウトしたか」だけです。975Dを長く使っていたのは、デザインがよく、当時一番打ちやすい、自分に適した道具だったからです。今は、スィングが変わって最適とは言えなくなりました。

安定したスコアメイクに一番重要な要素はティーショットであり、本ブログでも何度か自己指摘していますが、そのティーショットのミスでスコアを崩すのが、僕の一番の問題です。この問題を解決するために、今のドライバーよりも、飛距離がのび、尚且つばらつきが半分になり、スィングのミスにも強いのであれば、問題解決に役立つ道具や方法を選ぶのが自然な発想で、自分の目的に合致していると思います。

pon peta さんのコメント...

返信ありがとうございます。しかし乍、読んでいて良く分かりません。

これまで975Dという、Old Fashionなドライバーを使用されていたのに、ここに来て、いきなり、ビッグバーサとか、最新のギアをお使いになる。

文脈、時系列がいまいち分からず、戸惑ってる読者もいるかと。。。

ゴルフを始めて3-4年の間ずーっとドライバーが打てず、ある日、Old Fashionの975Dと出会い、上手く行くようになったんですよね。

975Dとの出会いがきっかけになってドライバーが打てるようになり、時を経て、ドライバーのスイングが体に染み渡り、現行のギアに適応できる様になった。そういうことですか?

Sei Higuchi さんのコメント...

だいたいそういう感じですね。
ゴルフのプレースタイル、スィングの変化や、道具の変遷については、必ずしもこのブログに記録してあることが全てではないので、ここを読んだだけで全容を捉えようとするのが難しいでしょう。

そもそも、今年だけでドライバーは、古いモデルから2015年モデルまで、色々変えて試しています。覚えているだけでも、975J, 975Dを45インチに延長したもの、983K, 915D2, 915D3 など。既製品のまま使ったり、フィッティングせずに、やはり素人が感覚で選んでいるだけなので、いずれも 975D よりもパフォーマンスが改善していません。

GBB は、フィッティング時にヘッド - シャフトの組み合わせで計測していく中で、もっともパフォーマンス (飛距離、サイドスピン、バックスピン、打ち上げ角度、smash factor) が優れてだけのことで、数多くのパラメータを調整して出した結果なので、最新だとか、流行りとは全然違いますよね。デザイン的にも許せる範囲内で、ティーショットのミスを減らして、距離を伸ばすという目的に、たまたま GBB が合致していただけのことです。

pon peta さんのコメント...

師匠、こんばんわ。自分も結局、フィッターさん行ってきました。百聞は一見にしかずという感じです。選んでもらったシャフトでやってみます。いろいろありがとうございました。

スパニッシュベイ (Spanish Bay Golf Links) をプレーする

スパニッシュベイ (Spanish Bay Golf Links) は、モントレー (Monterey) にあるペブルビーチリゾートコースの 1 つです。コースの名称通り、海沿いにつくられリンクススタイルのコースになります。野生の鹿もたくさん生息しています。 基本デ...