2016年6月30日木曜日

スィングの改造 (途中経過 8) - ボールから目を離さない

6 月くらいから、比較的スィングがよくなってきました。

3 月の末に、「芯に当たるようになったからもっと飛ばしたい」と欲張ってスィングがおかしくなってから、元の状態にもどるまで 2 ヶ月以上を要しました。

意識して練習したポイントは:
  • バックスィングをゆっくりと行う
  • 正しいバックスィングの位置(トップの位置) を体で覚える
  • ダウンスィングの順序(体重移動 > 右肘が落ちる > クラブがリリースされる) を守り、ゆっくりと切り返す
  • インパクト時に、上体が早く開きすぎないようにし、両肩のラインが飛球線と平行になるようにする
  • フィニッシュ時は、腕はスィングプレーンに平行に、フラットな位置にもってゆく

さらに、オロドいたのは、ゴルフの基本を全く忘れて無視していたこと。

ある日のレッスンで、コーチから指摘されたのは「スィング中に目をボールから離さない」こと。特に僕は、バックスィングのときに、顔がターゲットに対して後ろ方向に向く癖があり、その所為で、スィング中に軸 (spine) がぶれているそう。

“Keep the eyes on the ball” 

というのは、ゴルフでは基本的なアドバイスの一つですが、実はこれが全然抜けていました。


上記のポイントも重要ですが、ボールを撃ち抜くまではボールを見続けるようにするだけで、スィング軸がぶれるのが随分と小さくなりました。具体的には、ボールのディンプルの 1 つか、ロゴなどの 1 文字、1 点を集中して見続けます。自分の場合は、下のようにマークして、真ん中の青い点だけを見るようにします。







実は、このボールから目を離さないこととは、パットやチッピングでも共通の基本らしく、パットやチップショットでクリーンヒットさせるにはやはりスイング軸がぶれないようにボールを見続けるのはとても効果的です。 

0 件のコメント: