2016年6月30日木曜日

スィングの改造 (途中経過 8) - ボールから目を離さない

6 月くらいから、比較的スィングがよくなってきました。

3 月の末に、「芯に当たるようになったからもっと飛ばしたい」と欲張ってスィングがおかしくなってから、元の状態にもどるまで 2 ヶ月以上を要しました。

意識して練習したポイントは:
  • バックスィングをゆっくりと行う
  • 正しいバックスィングの位置(トップの位置) を体で覚える
  • ダウンスィングの順序(体重移動 > 右肘が落ちる > クラブがリリースされる) を守り、ゆっくりと切り返す
  • インパクト時に、上体が早く開きすぎないようにし、両肩のラインが飛球線と平行になるようにする
  • フィニッシュ時は、腕はスィングプレーンに平行に、フラットな位置にもってゆく

さらに、オロドいたのは、ゴルフの基本を全く忘れて無視していたこと。

ある日のレッスンで、コーチから指摘されたのは「スィング中に目をボールから離さない」こと。特に僕は、バックスィングのときに、顔がターゲットに対して後ろ方向に向く癖があり、その所為で、スィング中に軸 (spine) がぶれているそう。

“Keep the eyes on the ball” 

というのは、ゴルフでは基本的なアドバイスの一つですが、実はこれが全然抜けていました。


上記のポイントも重要ですが、ボールを撃ち抜くまではボールを見続けるようにするだけで、スィング軸がぶれるのが随分と小さくなりました。具体的には、ボールのディンプルの 1 つか、ロゴなどの 1 文字、1 点を集中して見続けます。自分の場合は、下のようにマークして、真ん中の青い点だけを見るようにします。







実は、このボールから目を離さないこととは、パットやチッピングでも共通の基本らしく、パットやチップショットでクリーンヒットさせるにはやはりスイング軸がぶれないようにボールを見続けるのはとても効果的です。 

新しくなった Poppy Hills 2.0 (ポピーヒルズ) でプレー



NCGA, 北カリフォルニア協会のホームコースの一つである Poppy Hills へ久しぶりに行きました。



Poppy Hills は 2014 年にコースを大改修し、Poppy Hills 2.0 となって再オープンしました。Davis Love III によれば、Augusta National と Pine Hurst No.2 をうまく融合させた美しいコースだ、と言ったとか。

コースのレイアウトや、地面の起伏、バンカーの配置の変更の他に、メンテナンスに必要な水の量を節約するのも目的の 1 つです。北カリフォルニアには珍しいタイプのコースになったのではないでしょうか? 主な特徴は:
  • (長かった) ラフはなくなってフェアウェーかバンカーに変更されています。
  • グリーン周りもラフがなく、転がしてアプローチをするのに適しています。アンジュレーションが険しいので、曲がり具合を想像するのが一苦労です。
  • 5 番ホールの右にあった大きな池が潰されて、大きなバンカーになりました。
  • 9 番ホール、グリーン前のクリークから水がなくなり、バンカーとフェスキュー草になっています。
  • 10 番ホール、池はそのままですが、グリーンがより右側に移動して、3 打目のアプローチに池がほとんど邪魔にならなくなりました。
  • 11 番ホール、短い Par-3 になり、12 番ホールの Par-5 は、まっすぐな Par-4 に大改修されました。
  • 14 番ホールはフェアウェー中央のバンカーがなくなり、グリーンとの高低差もほとんどなくなりました。
  • 18 番ホールは、グリーン前にバンカーが増え、アプローチにより正確性が要求されるようになりました。





2 ラウンドし次のような結果になりました。

Front-9
Back-9
Front-9
Back-9
Tee
2-Poppy
2-Poppy
3-Poppy
3-Poppy
Score
42
42
41
49
Putt
21
19
20
20
GIR
5
4
6
2
Scramble
0
1
0
0

2 ラウンドして、GIRs (パーオン数) は 8 と 9 でした。青ティー相当の 3-Poppy からプレーしたときは、Front-9 でのパーオン率が 66% と、ラウンドを通じてロングゲームが非常によくなってきました。ドライバーは、劇的には飛ばなかったものの、最悪でも 200 ヤード飛んでグリーンが狙える地点にボールをなんとか打てていたのがよかったです。

で、なんとも情けないのがパット数。

2 ラウンドとも、40 パット、3 パットは 9 回で、実に 25% の確率です。

今年の 1 ラウンドあたりの平均パット数は、31.8。3 パットの数は、1 ラウンドにつき 1 回。これら stats からすると、とんでもなく悪いのですが、Poppy Hills のグリーンが難しいのかもしれません。Spyglass Hill のグリーンなんかよりも、格段に難しく感じました。特に、登りのパットでショートすることが多く、高速なグリーンでの、登りのラインのスピードを合わせるのができないのかもです。逆に、下りのパットで 3 パットをすることはありませんでした。

スィング自体は、この半年で随分とましになってきたので、そろそろショートゲームの練習にも時間を割いたほうがよさそうです。特に、2 ラウンド目の Front-9 は、GIRs が 66% ということは、プロレベルのショートゲーム力があれば、36 前後で回れているはずです。

Poppy Hills はとても(いい意味で)難しくなって変身を遂げたと思いました。




(夏なのに気温 15 度。ほぼ冬です。)