スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ペブルビーチ (Pebble Beach Golf Links) をプレーする

念願のペルブルビーチをプレーしました。約 10 年前に夕暮れ前のスタートでプレーできたことがあり、15 番ホールくらいで日が落ちて 18 ホールプレーできず仕舞いで、非常に歯がゆい思いをしておりました。
昨年の 1 月からスィングを中心としたレッスンを習っておりますが、その効果が良く現れていたと思います。 スコア: 40 + 41 = 81パット: 14 + 14 = 28 (3パット無し)バーディ: #7, #176 GIRs (#4, #5, #7, #15, #17, #18)4 scrambles (#6, #8, #11, #12)3 doubles (#3, #14, #16)コースレート: 72.6 / 136 (Gold)全長: 6445 ヤード (Gold)
所感としましては、

他コースと比較して短めと感じました。8, 9, 10 番ホールが長〜いですが、それ以外はレギュレーション通りにグリーンまで届きそうな感じがします。ゴールドティー(他コースの青ティー) でも、220 ヤードくらいの飛距離で楽しくプレーできそう。フルバック(青ティー) だと、240 ヤードないと厳しい。グリーンが小さく、False Front も多くて有効実質面積も小さい。ティーショットはある程度距離を稼いで、アイアンでアプローチできるのが理想。。。フェードボールと相性がよい。風の強さなど、天候によっては凶悪なコースになる。パターのラインは、ほぼ海側に向かって傾斜を読むと幸せになる。

準備(シミュレーション)
せっかくのペブルビーチなので今回は特に念入りに準備をしました。まずは YouTube で、US Open 1982, 1992, 2000, 2010 年の試合、特に日曜日のラウンドを中心に 4 試合分見ました。特に 2000 年の試合は Tiger Woods がボギーなし 67 で回った試合だったので、各ホールの理想的なパターンがよくわかりました。また、毎年 2 月に行われる AT&T Pebble Beach Pro Amも 2012 年の最終日の試合もよくみて、コースの特徴やフェアウェーの打つべき場所、グリーンの転がる方向などなどをチェック。
1982 (Tom Watson): https://www.youtube.com/watch?v=17_cug…
最近の投稿

アイアンを芯で打つのは無理

昨年からスィングをコーチに教わりながら変えていく過程でよくわかってきたのは、ショートアイアンですら、まともに芯を捉えて打てるのは稀です。ボールを打った後に、白い弾痕がクラブフェースの表面に残りますが、その位置に相当なバラツキがありますし、ましてや芯のあたりに集まることは決してありません。PW, 9番アイアンなどの短いクラブでも精度など出ていません。
ゴルフのスコアに、道具の難しさによる得点や、ハンディキャップが増減するという精度はまだないわけですから、エゴや好みは忘れて、特に長いクラブは少しでもミスを軽減する道具に変えていこうと考えています。
ということを踏まえて、ちょうど 3-5 番アイアンの代わりになるハイブリッドがありましたので、コース上でのセッティングにはハイブリッドに替えることにしました。2 番と合わせてハイブリッドが 4 本。果たしてどうなるか。僕の場合、アプローチに長い距離が残ることが多く、長いクラブを使う場面が多いです。これで少しでも飛距離と方向性が安定すればいいのですが。
練習場では、引き続きブレードのアイアンを使います。ハイブリッドとアイアンは構えたときの安心感が違いますね。


ロフトは21, 24, 27 度。クラブ間で 3 度しかギャップがないのが気になりますが、次に完全にクラブを替えるときにしっかり調整してもらおうと思います。


シャフトはオリジナルの Apex 4 (Stiff) です。

グリップは、Golf Pride の Tour Velvet (round, .58'') 

ソール部分のリタッチには、ガンダムマーカーを使ってみました。もしかすると、禿げやすいかも。マニキュアの方が耐久性、表面への定着がよさそうな感がします。

というわけで、次のようなクラブがバッグに入ります: ドライバー3 番ウッド2, 3, 4, 5 番ハイブリッド6, 7, 8, 9 番アイアンPW, SW, LWパター
可能であれば、7 番アイアンくらいまではハイブリッドにしたいくらいです。

シリコンバレーは雨嵐でゴルフどころではないですが、早く今年もラウンドしたいですね。。。大干ばつが徐々に解消されてきてるのは歓迎です。
先月の時点で↓これくらい山々がすでに緑になっています。


2016 年まとめ: スィングの改造

2016 年はスィングを治す年になりました。
途中ひどいスライス、ひどいラウンドに何度か悩みながらも、1 年たってようやく新しいスィングが身につきある気がします。
スィングでの一番の誤解は、切り返し時におけるヒップの動作でした。Ben Hogan’s Five Lessons での「Rotate your hips」の解釈を長年間違えており、てっきりヒップは回すものと思っていました。が、これは間違った動作です。まずはヒップを左(ターゲット方向) へスライドし、体重移動するのが正しい。
体重移動によって、自然とヒップの捻りがとけて回転します。その後に右肘が体の右側へ落ち、次にクラブがリリースされます。このスィングの順序 (swing sequence) が正しく行われると、ボールを撃ち抜いた後に左腕と右腕が同時にピンとまっすぐ伸びるはずです。
スライサーが、Swing Sequence の改善に役立つドリルは、右腕 1 本だけでボールを打つ練習。体重移動 > 右肘を落とす > クラブをリリース という 3 ステップが順序よく行えるようになります。 https://www.youtube.com/watch?v=cRetzUr78O8


他のスィングのチェックポイントとしては: 左手グリップは、小指、薬指、中指の3本に力を入れる。右手グリップは、薬指、中指に力を入れる。両手とも、人差し指と親指に力を入れるのは NGアドレスで、肩のラインなどが、ターゲットと平行になるようにする。スィング中は、ボールから目を離さない。バックスィングは、大ぶりになりすぎず、コンパクトにする。正しいグリップとアドレスでセットアップができたら、Swing Sequence を守ってスムーズに打つ。Swing Sequence が自然な動作になるまで体に覚え込ませる。
今年のラウンド結果です。これまで年に1回、80を切るのが最高でしたが、複数回切れていたのには驚きました。ショートゲーム、特にパーオンした時のパット数が 2.0 を超えているのと、パーセーブ率を 40% にまで引き上げ、より 70 台を出せる確率を上げたいですね。
ラウンド数: 30平均スコア: 85.0 (front-9: 42.8, back-9: 42.2)平均パット数: 33.870台のスコア: 4 ラウンドFro…

久々のスパイグラス•ヒル (Spyglass Hill)

厳しい Spyglass Hill
久々に Spyglass Hill で、腕試しをしました。 https://www.pebblebeach.com/golf/spyglass-hill-golf-course/

最初の 5 ホールはリンクス型、残り 14 ホールは林間型のコースになり、アプローチが基本的に打ち上げになるために、白ティーからでも距離が長く、グリーンは小さくて速く、厳しいホールが続きます。表示距離は 6100 ヤードなのに、体感では 6500 ヤード超はありそうな感じがします。コースレート/スロープレートは、72.2/135 です。
スコア: 41 + 43 = 84 パーが 8 個、ダボが 2 個、ボギーが 8 個でした。
前半 は 4 ホールでパーオン。ドライバーがほどほどよくあたり、8 ホール終わって 3 オーバー。9 番ホールのグリーン周りで気を抜いて 5 オーバーにしてしまいましたが、前半 41 は上出来。ショートゲームがもっとちゃんとできれば、37, 38くらいのスィングができていました。
後半は、バックスィングがオフプレーンになったせいか、ティーショットが基本的によくなく、辛い 9 ホールになりました。グリーン周りでがんばってなんとか 3 回パーを奪えましたが、パーオンはゼロ。17 番ホールで、1 フィート (30 cm) のパットを丁寧にすれば、さらにもう 1 打縮まっていたのが、非常にもったえない。これこそは、「もったえない」と言えるショットでした。というよりも、グリーンの速さに単に対応できず、まがりを判断できなかっただけなのかもですが。
今回のコンディションは、普段と比べて特にグリーンが高速でしたが、3 パットが 1 回だけだったのは幸いでした。パット数は 33。
このコースのコンディションと現在の実力で 84 は悪くなく、スィングを改造した成果が出つつあるのではと思います。まだまだ改善したいです。


ショートゲームの練習が、フルスィングのリズムの改善に繋がる?
最近のレッスンでショートゲーム、特にウェッジで中 ~ 高い弾道の球でスピンをかけてとめるピッチショットを習いました。リズムよくスィングし、なおかつ腕や指に余計な張力をかけないで、クリーンに、スムーズに打たねばならないので、フルスィングにもとても役に立ちました。
練習場では、5…