ようやくホームコース Stanford GC で80を切れた

Hole #12, Par-4


ようやくホームコースである Stanford GC で 80 が切れました。いままでに 100 ラウンド以上はしており、一番たくさんプレーしているにも関わらず 9 ホールで 40 が切れたことも 1 回くらいしかありません。先月に back-9 で、ようやく 39 (+4) を打てたのでそのうち 80 切りがあり得るかとは期待しておりました。

  • 42 (+7) + 36 (+1) = 78 (+8)
  • 33 パット
  • 8 GIRs (2 + 6)
  • 3 / 10 Scrambles
前半は +7 (#8, #9 で連続ダブルボギー)、後半は +1 (2 ボギー、1 バーディー) と、9 番ホールが終わった時点では、80 を切るのは毛頭考えれませんでした。その時点では、怪我を大きくせぬよう 80 前半に収まることを念頭に 82~84 くらいで収束できるように一打一打、前の一打を忘れながらプレーしたのがよかったのかもしれません。

また、スィングについては、前半はバックスィングで腕を振りすぎ、逆に体が回っておらず、後半は腕の振り上げすぎを抑え気味にすることで、弾道がよくなってきたように思います。ゆえに後半は 9 ホール中 6 ホール GIR (66%)したのかもです。Scramble も 2/3 (66%) と、グリーンを外した際に寄せやすい地点にミスできたのも幸いしました。


今日の課題
  • ドライバーなど、打ち上げ角度が高すぎ。前よりもスピン量は減っている模様。スピン角 (spin angle、ロフトと打ち上げ角の差) を減らす技術が必要。
  • ピンまで 35-60 ヤードくらいの範囲は、かなり打ちミスが多く、25-30フィート (8-10 ヤード) もの長大なパットが残ることが多くてもったえない感が満載。これだったら SW, PW のフルショットをした方が寄ってそう。特に Par-5。
  • フラットなライでの、ショートアイアン、PW でひっかけなどの凡ミスが多い。 

下のグラフは、2019 年の統計で、グリーンを外したときに、(1) ピンから何フィート離れたか (proximity, 赤線)、(2) セーブ率 (scramble %、黄色線), (3) Par, Bogey, DB+ の数をまとめたものです。グラフの横軸は、目標からの距離をヤードで表示しています。距離が離れるにつれて、proximity も大きくなる傾向がありますが、40-50 ヤードの区間だけ突出して、平均 33.75 フィート (約 11 ヤード) も離れています。打つ頻度 (4 回) は少なめではありますが、前後の区間から比較すると半分くらいの 16 フィートくらいに縮まるようにしたいです。さらに 4 回中 2 回はダボになっており、おそらく距離が離れるために 3 パットも誘発している悪循環に陥ってそう。



飛距離を伸ばせた方法: バトル•ロープ効果

Pasatiempo #16, Par-4
今年に入り明らかに飛距離が伸びました。ドライバーだけでなく、アイアンも全て伸びており、いままでドライバー + 3-wood でも届かなかった Par-5, Par-4 がグリーンに乗っています。Par-4 だとドライバーとアイアンだったりとか。

この段階で結論付けてよいと考え、この 5 ヶ月で飛距離を伸ばせた方法と結果をまとめます。


  1. 正しいスィング: クラブの芯で、よいコンタクトで打つ。いくらスィングが速くてもボールに効率よくクラブフェースを当てる必要がある。
  2. 体幹を鍛える: 体幹 (body core, コア) を鍛えることで、スィング軸を一定に保ち、ダウンスィングで地面を踏み込み地面反力 (ground force) を使えるようになる。

1. のスィングは、スィングのティーチィングプロに習います。効果的な練習方法や、自分の悪い癖を指摘してもらい、自分にできるベストなスィングをより高い確率でできるように練習します。

2. の体幹を鍛えるは、2018年12月から、肝脂肪を直すためにジムに通うようになったのがきっかけです。トレーナーにつき、体幹を鍛える方法を教えてもらいました。(なんで肝脂肪だったかというと、bullet-proof diet のコーヒーを 3 年間飲み続けた、というだけなのですが、このコーヒーをやめて 3 ヶ月くらいで全くの数値が正常にもどりました。) 

ジムへいく目的は減量が目的でしたが、通い始めて 3-4 週間くらいで、ショートアイアンの飛距離が 10 ヤードくらい伸びているのに気がつきました。8 番アイアンだと 120 ヤードくらいだったのが、130 ヤードになったり、ドライバーでもいままで超えたことのないバンカーを超えたり、逆に飛びすぎてバンカーに入って(大叩きに)なったりなど。

気分良くプレーしていたため、たまたまかと思っていましたが、その後も距離は伸びたままだし、さらに飛ぶようになってきました。5 ヶ月前よりは 1.5 番手くらい変わっています。

体幹を鍛える方法として、
が気に入ったのですが、結果から言うとバトル•ロープです。バトルロープだけだと、体力的に非常にしんどいので、トレーニング中は交互に行うとよいです。



今年は雨が多く、1~3 月はほぼ TRX ばかりしていました。雨が降るとロープを降ることができなかったので。そうすると、2月 3月のラウンドは飛距離がほぼ元に戻って飛ばなくなりました。なぜか知りませんが、とにかく飛ばないラウンドばかり。

4 月に入り、実験もかねてバトルロープばかり振るように変えてみました。ロープは通常 60-120 秒くらい振りますが、休憩の間はプランクなどをし、

2km走ってジムへいく → ロープ (60-120 秒) → プランク (60 秒) → 休憩 (2-3 分) → ロープ → プランク → 休憩 → .... (トータルで30-45分) → 2k 走って戻る

といったルーティンです。

そうすると、4 月からは飛距離が昨年12月、今年1月くらいに戻り、さらに伸びてきた感があります。

ということで、現時点ではバトル•ロープを振るのが飛距離アップに効率がよいです。



結果

こちらから備忘録になります。やはり飛距離が伸びるとゴルフがとても楽になり、嬉しいです。


Boulder Ridge #4 Par-4, 427 yds
Driver + 5H (2019 年 4 月)
長い Par-4 です。ドライバーと3-wood でやっとグリーンの手前に届くのがせいぜいでした。グリーン中央まで 170 ヤード。安全に 5 番ハイブリッド (27deg) でグリーン奥。






Boulder Ridge #8 Par-4, 376 yds
Driver + 7I (2019 年 4 月)
ドライバーと6I で刻んでいたのが、ドライバーと7Iのダフリショットでグリーン中央に着地。ホールがグリーン奥にあり、50 フィートを 3 パット。登りのホールになり表示距離よりも長い。





Boulder Ridge #9 Par-4, 360 yds
D + 8I (2019 年 5 月)
ドライバーと5~2番ハイブリッドだったのが、ショートアイアンで打てるようになりました。




Boulder Ridge #12 Par-4, 394 ydsD + 7I (2019 年 4 月)
一番嫌なホール。ドライバーをカットに打ち、約 240 ヤードくらい。グリーン手前のピンまで 125 ヤード。20フィートの打ち上げになり、グリーン中央へ 7 番アイアンを打つ。厳しい下りで 3 パットしましたが、グリーンまでは上出来。





Boulder Ridge #17 Par-4, 415 yds
D + 3H (2019 年 5 月)
400 ヤードを超える上に、ティーからグリーンまで 25 フィートくらいの打ち上げになるホール。ドライバーと 3-wood でもエッジに届けばよいくらいだったのが、残り 180 ヤードを3番ハイブリッド (23度) のカットでグリーン中央に乗りました。




Santa Teresa #2 Par-5, 482 yds
D + 2H (2019 年 5 月)
短い? Par-5 ですが、常に 3 打必要でした。ドライバーが 260 ヤード以上飛び、グリーンエッジまで 195 ヤードくらい。ハイブリッドの当たりはよくなかったものの、グリーンの前側に乗り、2オン2パット。




Santa Teresa #9 Par-4, 420 yds
D + 7I (2019 年 5 月)
長い Par-4で、2 打で乗ることはありませんでした。ドライバーとハイブリッドでグリーンエッジがせいぜいだったのが、残り 150 ヤードを 7 番アイアンで打ちました。当たりが悪かったので 25 フィートはショートしましたが、2 オン 2 パット。





Spyglass Hill #4 Par-4, 345 yds
3W + 7I (2019 年 5 月)
3 番ウッドをおそらく 220 ヤードくらい打ち、残り 149 ヤード。7 番アイアンでピン横に落ちたものの、下り坂になり 45 フィートのパットになってしまいました。アイアンで乗ったのは初めて。次こそは 2 パットにしたい。





Spyglass Hill #6 Par-4, 379 yds
D + 5H (2019 年 1 月)
フェアウェーからグリーンまで 2 番手くらいの打ち上げになる長い長いホール。一度も超えたことのない右のフェアウェーバンカーを超え、グリーン右奥のピンまで残り 150 ヤード。5 番ハイブリッドを若干引っ掛け、47 フィートのパットを 3 パット。




Spyglass Hill #13 Par-4, 398 yds
D + 6I (2019 年 5 月)
これも長い長い登りの Par-4。ドライバー + 3-wood でも30-40 ヤード手前がせいぜいだったのが、グリーン中央のピンまで残り 156 ヤード。6 番アイアンでグリーン前側に乗りました。





Spyglass Hill #17 Par-4, 312 yds
2H + PW (2019 年 5 月)
短い Par-4 で、いつもは 3-wood + 8~9 番でした。2 番ハイブリッドでフェアウェー端まで飛び、100 ヤードを PW (1 番手分の登り)。





Del Monte #8 Par-4, 364 yds
D + PW (2019 年 4 月)
いつも ドライバーと 6番アイアン~ハイブリッドまで振っていたホール。ドライバーが 255 ヤードくらい飛んで、残り 115 ヤードを PW で打ちました。試しに同じ地点から 9 番アイアンを打つと、グリーン奥 130 ヤードくらいに落ちていました。風はほんの少し向かい風。




Del Monte #9 Par-5, 512 yds
D + 3W + 54deg (2019 年 4 月)
2 オンしたわけではないのですが、これもドライバー → ハイブリッド → ハイブリッドがせいぜいだったホール。ドライバーが 260 くらい飛び、木をよけるために 3 番ウッドをカットして残り 40 ヤード。ストレス•フリーの 2 パット。




Del Monte #16 Par-4, 415 yds
D + PW (2019 年 4 月)
長い Par-4 でドライバーとハイブリッドでも届いたことはありません。若干の追い風もありましたが、ティーショットが 270 ヤードくらい飛び、ピンまで残り 130 ヤード。PW だと若干短くショートしましたが、2 パット。





Del Monte #18 Par-4, 365 yds
D + 9I (2019 年 4 月)
特別長いホールではないのですが、6 番アイアンでアプローチするのがせいぜいだったのが、残り 130 ヤードを 9 番アイアンで 15 フィートくらいにつけられました。



Half Moon Bay Old #5 Par-5, 464 yds
D + 2H (2019 年 5 月)
短めの Par-5。ドライバーがドローボールで 250 ヤードくらい飛びました。ピンがグリーン右の池の手前にあり、約 215 ヤードありました。左のグリーンエッジが 200 ヤードくらいだったので、若干のドローで左グリーンエッジに到達、70 フィートを 2 パットできました。




ドライバーのシャフトとヘッドの重りの変更

ドライバー(やアイアンで) 打ち出し角度 (launch angle) が高いのをなんとかするべく、道具も調整することにした。根本的には、スィングを直すことで理想的な打ち上げ条件を作り出せるのであろうが、調整可能なドライバーが折角あるので、いろいろいじってみた。

シャフト

Fubuki 50S → Project X HZRDUS Yellow (5.5, 63g)

Fubuki は mid/low launch モデルだったので、low launch かつ、ゆるやかなスィングテンポに向いているとされる HZRDUS Yellow を eBay で購入。スペック表によるとフレックスは、キャリーで 260 ヤードを超えるまでは regular で良さそうなので regular にしておいた。



シャフトの変更だけで、目測でボールの最高到達点 (apex) が 10-15 フィートくらい下がり、角度にして 2 度前後下がった感があった。


ヘッド (の重り)

ヘッドの垂直方向の重心を下げて、打ち出し角度を下げる効果を狙い、重りセットを購入。3 ~ 15g まで、2 g 刻み。


重りが配達されてから気が付いたのだが、GBB 2014のモデルはヒール側にスクリュー穴があり、ソール面に直接とりつけられない。とりあえず一番重い 15 g に交換。デフォルトの重量は 5g。 

GBB 2014


GBB 2015 は、ソール面にあるのだが、スクリューの大きさが合わずに断念。
GBB 2015

GBB 2014 のヒール側に重りを足すと、ドロー軌道になりやすくなる傾向があり、当初ソール面に重量を足す目的と少々ことなってくる。が、実際に打ってみると、確かにドローになりやすいこともあり、さらに弾道が低く、向かい風にも強くなったように見えた。
(スィングを失敗すると相変わらず、気の抜けた高い打ち上げ球になっていた。)


次は実際にコースでテストを実施予定。


スィングレッスン再び

Pasatiempo Golf Club, #13, Par-5 


昨年 2018 年は GIR がだいたい 7 → 8 に上がったのですが、Scramble 率が 25% (4 回に 1 回) → 16% (6 回に 1 回)となり、結果的にハンディキャップの更新がなく逆にインデックスで 0.7 くらい後退しました。特に 2018 年前半は、ティーショット(スィング)がひどく、スピンの多いカットボールばかりで、スコアにならなかったのが大きかったです。

6 月後半くらいから、体をよく捻って、腕のねじりを少なくすることで徐々によくなってきたのですが、チッピング等の練習を怠ったせいか、劇的によいスコアが出せず不完全燃焼でした。

ということで自分で結構スィングをいじって、基本から外れていないかどうかチェックしたかったのと、どうしても特にドライバーで打ち出し角 (launch angle) が高く、バックスピンが多い (3000 RPM以上でている) のをなんとかしたく、またスィングレッスンを受けることにしました。



やはり、レッスンでチェックしてもらうと、悪い癖がまた出てきているのがわかります。僕の一番悪い癖は、トップでシャフトがターゲットラインとクロスし、正しくリリースするにはループを描いて補償動作を入れなくてはならなくなってしまうこと (写真左)。写真右のようにクラブフェースがスクウェアになるようにしなくてはなりません。バックスィングを再現性よく行うのが本当に難儀です。



Trackman を使って、ドライバーの打ち出しの状態を計測してもらいましたが、ベストではないけどもいい感じのスィングができたときは 

  • クラブヘッドスピード: 92~94 MPH
  • クラブの入射角 (angle of attack): 3 ~ 3.5 度
  • ボールの打ち出し角 (launch angle): 14.8~15.4 度くらい
  • ボールの回転数: 2400 - 2800 RPM
一応、いまできるいい感じのスィングだと、3000 RPM 以下で打ち出せているし、アッパーブローの軌道で打てている。回転数が多いのは、ダウンブローになっているのかと思っていましたが、今の時点では、クラブヘッドの軌道はインサイドアウト、アッパーブローで割と理想的。


たまにクラブの芯で打ったときは、入射角 3 度、打ち出し 18 度で、1800 RPM という数字があり、打ち出しが 14 度くらいになったら 240 ヤード以上飛びそうな感じです。

すでにクラブのロフトが 9 度なので、もうちょっと打ち出しが低くなるヘッドや、シャフトを探すこともしてみようと思い、カンタンに(安価に) 交換できるシャフトをつけかえてみることにしました。

いまの Fubuki (Stiff, 55g) が low / mid launch シャフトということで、low launch とされているものを eBay で物色し、重めの Regular で

Project X HZRDUS Smoke Yellow (Regular, 63g) 
を試してみる予定。飛距離が20ヤード伸びるなどという劇的な変化は無いでしょうが、弾道が安定したり、打ち出しが 1,2 度下がると嬉しい。






飛距離を伸ばす方法: 体幹を鍛える



クラブの芯でボールを打つ他に、飛距離を伸ばす方法がはっきりわかりました。

12月末と1月に Spyglass Hill をプレーし、同じような天候や気温のコンディション、同じクラブ、ボールでプレーしましたが、明らかに以前の 9 回のラウンドとは、ドライバーや3番ウッドで 15-20 ヤードくらいの飛距離の伸びを確認しました。

アプローチにいつも3 番アイアンだったホールが 5 番アイアンで届いたり、ドライバーで超えなかったフェアウェーバンカーを超えたり、6 番アイアンだった Par-3 が 7 番アイアンで打てたり、ということがほぼ毎ホールあり、単なるまぐれではないようです。


2018年12月1日から、体重を減らす目的でパーソナル•トレーナーにつき、トレーニングの仕方を教わりはじめ、体幹を主に鍛え始めました。

いろいろメニューを紹介してもらいましたが、僕が気に入ったのは自重を使ってトレーニングできるもので、TRX と Battle Ropes です。


TRX の例




Battle Ropes の例




Battle Ropes は、見た目以上に地味にしんどく 40-60 秒続けるのがせいぜいなので、TRX と Battle Ropes を交互に使い、全部で 30-45 分くらい運動します。




1月初旬の時点で、トレーニング開始から 6 週間になりますが、明らかな効果として:

  • 飛距離が各番手 5-10% 程度伸びた。
  • ドローボールが打ちやすくなった。
  • ゴルフバッグが軽く感じる
ことが確認できます。ここから線形な伸び (つまり 6 週間毎に 10% 飛距離が伸びる) は、難しいでしょうが、伸びるところまで伸ばしたいです。アイアンで 1, 2 番手変わるとラウンドがものすごく楽になります。