スクラッチプレーヤー


久々の18ホールのラウンドで、たまたまスクラッチプレーヤー(だと思われる)紳士と一緒の組になった。その時に観察できたことをメモしてみる。


  • プレーに派手さがなく、一見ボギーゴルフをしているかのように地味。
  • よくよくスコアを数えると、パープレーか、アンダーパーで、淡々とプレーする。
  • ドライバーの最大飛距離は特に出る方ではなく、240-250ヤードくらい。ハンデ2桁のプレーヤーの方が飛んでいるくらいだが、平均飛距離が長く、230ヤードくらいはでている。さらに、各ホール間のティーショットの距離のばらつきが小さい、つまり安定している。
  • ティーショットにもちろんミスは1何度か出るのだが、トラブルになりにくい。必ずしもフェアウェーをキープはしないが、とりあえずグリーンが狙える場所にボールがあることがほとんど。1ラウンドだけの観察だが、2打目でグリーンが狙えなかったのは1回だけ。
  • グリーンを外したときのパーセーブが上手。寄せやすい場所にミスしているのも考慮しなければならないが、これが一般プレーヤーと大きな差だと思う。
  • パターの距離感が上手。
  • 無駄口が少なく、ポジティブなコメントが多い。
  • プレーが早い。



観察できた主な数字:

  • スコア: 36 + 36 = 72
  • 10 GIRs
  • 3 バーディー、3 ボギー
  • 8回グリーンを外したうち、5回セーブ (63%のパー•セーブ率)
  • 3パット無し, 27パット (チップインが1回)

自分は46+40=86。18番ホールの4フィートのパットが入れば、久々にハーフで30台だったのですが、残念でした。上手な人と一緒にプレーすると、自然とスコアがよくなりますね。

0 件のコメント:

スパイグラス•ヒル (Spyglass Hill) をプレーする

基本データ コース長さ / コースレート / スロープレート blue: 6960 / 75.5 / 147 yellow: 6538 / 73.2 / 144 white: 6123 / 71.4 / 137 red: 5381 / 72.9 / 1...