Poppy Hills (@ペブルビーチ) 攻略を(惨めな)過去の成績を基に考えてみる

週末にPoppy Hillsへ向かいます。Poppy Hillsへは車で1.5-2時間かかることを除けば、最も好きなコースです。ですが、成績はいまひとつよくない。NCGAのハンディキャップをとってから4回プレーしましたが、平均ストローク数は98.5, 平均パット数は36.25, パーオン率は9%, 3パット率は20%と悲惨な結果。これでは惨めなので、これまでの数字を基に自分なりのParおよび、戦略、練習プランを考えてみることにしました(といっても練習できるのは明日しかない)。


以下のテーブルは、各ホールの長さ, Par, ハンディキャップおよび、次のような数値を並べたものです。

  1. 過去4回プレーしたときのストローク数の平均値
  2. ボギーを自分のParとしたときの、差分 (0だったら、平均でボギープレーができている)
  3. 平均パット数 (2.0が自分の標準)
  4. (グリーン以外で打ったショット)-(Par - 2パット), つまりグリーンにたどり着くまでにどれだけストロークを消費したか、グリーンに乗せるまでに苦労したかどうかの指標, 0.0はGIR (パーオン), 1.0はボギーオンといった具合。
前半
HOLE123456789
White(71.3/135)390142369513381149351370496
Par434543445
HCP1155931713117
Avg.Stroke6.54.56.05.755.54.05.06.07.0
Boggy +/-1.50.51.0-0.250.5001.01.0
Avg. Putt2.01.751.751.752.02.02.02.02.75
Avg. Shot2.51.752.251.01.51.01.02.01.25
後半
HOLE101112131415161718OUTINTotal
YDS472163502377385175402126474316130766237
PAR535443435363672
HCP61682101441812
Avg. Stroke6.754.256.755.754.545.54.56.2550.2548.2598.5
Boggy +/-0.750.250.750.75-0.500.50.50.255.253.258.5
Avg. Putt2.501.752.251.751.502.02.252.252.018.018.2536.25
Avg. Shot1.251.51.52.01.01.01.251.251.2514.2512.026.25

パットショットの成績

さて、以前80を切るにはどうすればよいかで書いた、パットとGIRs(パーオン率、ショット力)を調べてみます。


まずはパット


次の表は、過去4回プレーしたときのパットの成績 (フロント9, バック9, 合計) および、1,2,3パットの回数を現します(ラッキ-なことに4パットはしていない)。

日付OUTINTOTAL1-putt2-putt3-putt
2006.101517326102
2006.51816343141
2005.122121421107
2005.91819373114

3パット確率は19%, 5ホールに1ホール, 18ホールでは3-4ホール3パットを犯していることになる。また、各ホールでの平均パット数によると(上表参照)

となっており、特にBack-9での3パットが目立つ。よく思い出すと、多くの3パットグリーンの奥から発生している。だからアプローチはわざとグリーンショートさせるか、グリーンの真ん中/前方を狙うようにしたい。故にクラブは短く、小さい番手を選ぶようにすべきかもしれない。

次は上の表の"Avg. Shot" (GIRよりもどれだけ多く打ったか, 青線)と平均パット数から2ストローク差し引いたもの(赤線)をプロットしました。

パーオン率 (Greens In Regulations)は72ホール中わずか7回, 9.7%。殆どのホールでボギーオンすら達成できていないことがわかります。

f:id:seihiguchi:20070728043204p:image

4番(Par-5), 6番(Par-3), 7番(Par-4), 14番(Par-4), 15番(Par-3)では平均でボギーオンができています。9,10,16,17,18番は1.25ストローク多いだけですので、よほどアホなことをしなければグリーンにたどり着くまでに大けがをすることはなさそうでしょう。


問題は、1番、2番、3番、8番、13番 (ダブルボギーオン)のショットは酷い。これらのホールでは特に無理をせず、ボギーオンをさせることが重要だ。1,2,3番はティーショットが、8,13番は第2,3打目の失敗がbig numberに結びついている。



そして当日の自分のパー (Personal Par)

さて、最後のグラフ目標パー(緑)と、平均ストローク数からPar差し引いた数値(青)を現している。

f:id:seihiguchi:20070728043202p:image

改善が急務だ。傾向として、グリーンが直接狙えない場合は、100ヤード以内にボールを転がしてアプローチを試みるケースが多かった。故に、8番アイアンくらいからウェッジまでの練習をし、アプローチの正確性を高めることが必要だろう。ティーショットは何回かはミスをする。それは仕方ない。アプローチはグリーン手前側(旗よりも前)が鉄則。あとは、グリーン周りのチッピング、1mのパッティングか。


また、自分のパーは、基本はボギーをパーとしているのでありますが、一部変えてあります。1番ホールはこれまでの平均ストローク数が6.50とダブルボギーですら上がれていないので、ここは思い切ってダブルボギーでよいことにします。また、比較的成績がよかった4番(Par-5), 6番(Par-3), 14番(Par-4)はレギュレーション通りのパーに設定しています。苦手傾向にある8,9,10,12,13はアプローチの精度次第。8,9もダブルボギーでよいかもしれません。


このプロットでは、当日はPar-88 (前半 Par-44, 後半 Par-44)になります。8,9番でダブルを許すとなると丁度Par-90, ボギープレーが自分のパープレーとなります(要は90が切れれば合格)。あとはきっちりこれらの数字と狙うベキ地点、メモ等をヤーデージブックに書き込まねばなりません。

0 件のコメント:

スパイグラス•ヒル (Spyglass Hill) をプレーする

基本データ コース長さ / コースレート / スロープレート blue: 6960 / 75.5 / 147 yellow: 6538 / 73.2 / 144 white: 6123 / 71.4 / 137 red: 5381 / 72.9 / 1...