スパニッシュベイ (Spanish Bay Golf Links) をプレーする



スパニッシュベイ (Spanish Bay Golf Links) は、モントレー (Monterey) にあるペブルビーチリゾートコースの 1 つです。コースの名称通り、海沿いにつくられリンクススタイルのコースになります。野生の鹿もたくさん生息しています。

基本データ

  • 設計者
    • Robert Trent Jones, Jr., Tom Watson, Sandy Tatum
  • コース長さ / コースレート / スロープレート
    • blue: 6821 / 74.0 / 140
    • yellow: 6422 / 72.1 / 136
    • white: 6043 / 70.4 / 128
    • red: 5332 / 72.7 / 128
  • 通常料金 $300 (2017 年時点), メンバー価格 $165
  • ウェブサイト

所管

  • Scotland のリンクススタイルのコースです。太平洋沿いにコースが作られ、強風に煽られることもしばしば。
  • フェアウェーが本場のリンクスのようにガチガチに固くはなく、基本的にはアメリカ式のパークランド型コースを、海沿いに設計した感じです。
  • ティーショットを、見えるところに安定して打っていくか、アグレッシブに際どい地点を狙って打つ選択を迫られるホールがよくあります。僕はやはり前者を選択。
  • 難しさでいうとやはり、Pebble Beachの方が手強い。さらにその上に、Spyglass が難しいでしょう。
  • コースガイドをよく見ながら、どの地点にボールを運んで行けば良いかを決めていけば、他の Pebble Beach コースの中では比較的プレーしやすいコース(だと思う)。
  • グリーンもピンの位置によっては、3 パット必須になったり、こぼれたりする地点があり、Pebble Beach と同じくグリーンのどの領域に落とすかを明確に決めないといけない。
  • (2017年7月のラウンド) 2 年前よりもスィングが格段によくなっているし、コースも Pebble に比べて易しいと油断していたら、やらかしました。18 個のグリーンの形状をちゃんと把握していないのがとても痛かったです。
  • 7 月は特別メンバー価格の $130。カートも含まれていましたが、歩くのに最適なコースなので歩いてプレーしました。

結果

丸 1 ヶ月ぶりのプレーになり、やはりグリーン周りのミスが目立ったのと、後半になるにつれてスィングへの集中力がかけたり、無意識にスィング中に体幹が動いたりと、サボりの効果が出てしまいました。ダブルボギーは出さないように前半は凌いだのですが、後半はスィングに微妙なズレが出て 5 ホールでダボ、残りの4ホールでパーとバーディという不甲斐ない結果でした。前半でもアプローチで引っ掛けるミスが数回あり、思うようにスコアメイクができていません。
  • スコア: 42 + 46 = 88
  • 30 パット (3パット無し, 最長 20 フィート)
  • ダボ: 5 (#10, #12, #13, #14, #17)
  • バーディー: 1 (#18)
良かった点としては、ティーショットでドローボールを打てるようになってきたことかと。3 番ホール、11 番ホールでは特に理想的な距離と曲げ具合が出せました。

ホール解説

ティーショットは 200-240 ヤード程度の、Par-5 は基本的に 3 打で届かせるのがスタンダードになる人向けです。7 番アイアンの有効距離が、140 ヤード。200 ヤードは直接狙う距離でなく、ロフトが18-21度くらいのクラブで近くに打って寄せワンを狙い、あわよくばグリーンに乗ればいい、といったレベルです。


Hole 1 (Par-5, 495 ヤード)

ティーショットは、210-220ヤード程度で左バンカー手前。そこから 160 ヤード程度のレイアップ (フェアウェー左側) で、110 ヤード前後のアプローチが残ります。基本的にカットを打てばよさそう。


残り 250 ヤードあたりの地点から。グリーンとの間にはブッシュがありますので、直線では狙わずに150ヤードのゼブラの方向へレイアップするのが鉄則。



1 番グリーンの右サイドにある窪みです。スパニッシュベイにはこうした落とし穴が数多くあります。



Hole 2 (Par-4, 300 ヤード)

long hitterはワンオンも狙えるかもしれない。フェアウェーバンカー手前、190 ヤード程度を打ち、アプローチに 105-115 ヤード程度の距離を残すようにする。右のバンカーを超えるには、210 ヤード程度のキャリーになります。


今回のラウンドでは右バンカーのちょうど目の前にティーショットを置けました。残り距離を 120 ヤードと読み、どうやら10ヤードは読み違えたようでした。丘の上からなんとかボギーをセーブ。この地点では、ヤーデージブックでは 105 ヤード、なぜ読み違えたのか謎?

Hole 3 (Par-4, 340 ヤード)

ドローボールが打てると便利なホール。210 ヤード打てばフェアウェーの際まで届き、残りが130ヤードも残らない程度になります。癖玉のフェードボールなら、4 つのバンカーの内の一番左(又はさらに左) を狙い、やはり210ヤードも打てば真正面にグリーンに向かって打てる。アプローチは、コースの傾斜から左へ引っ掛けたり、ドローになりやすい。


黄色ティーからの眺めです。4連バンカーの真ん中くらいから曲がるドローが理想。ストレートでも傾斜なりに左に曲がります。4 つ目のバンカーを超えるには、180 ヤードのキャリーが必要です。飛ぶ人はグリーン方向に向かって、寄せワンのバーディ狙いもありえます。



練習してきたドローを打ち、残り 96 ヤード。なぜかここから左にかなり引っ掛けてボギーにしてしまいました。こういう簡単なショットを打てなくなるのが、1 ヶ月ぶりのラウンド。

Hole 4 (Par-3, 176 ヤード)

グリーン右奥にマウンドがあり、ピンが左にあるときは、グリーン右側に外すと寄せにくいです。グリーン左側が安全。それか、単にショートした方が寄せやすい。


Hole 5 (Par-4, 411 ヤード)

グリーン手前は、false front (グリーンだけども、手前に転がり落ちてグリーンから溢れる) なので、しっかりキャリーで乗せないといけません。難しいグリーンです。

Hole 6 (Par-4, 390 ヤード)

左のフェアウェーバンカーめがけてティーショット、アプローチもグリーン左目を狙って、右へ転がすのが常套手段。


Hole 7 (Par-4, 412 ヤード)

グリーン中央で段ができていて、左が低く、右が高いです。


7 番グリーンの右側からの眺めです。グリーンの左側が低く、右側が高くなっています。こうしてみると、アプローチも結構ピンポイントのコントロールが求められるコースです。グリーンのどこかに乗せて 2 パットが意外とやりにくい。



Hole 8 (Par-3, 152 ヤード)

もっとも海沿いに位置するグリーンです。気のせいか湿気のためボールが若干飛びにくい感があります。


Hole 9 (Par-4, 367 ヤード)

右側が OB です。フェードボールで安全にフェアウェーにおいて、アプローチはグリーンセンターがベスト。


グリーンの左サイドからの眺めです。グリーンの左右がくびれており、グリーンに止めるのがけっこう大変です。


Hole 10 (Par-5, 477 ヤード)

短い Par-5。距離が出る人は、2 オンできます。


グリーンの形状が、7 番グリーンと同じく、左が低く、右が高いです。さらにこの段はグリーン奥に向かって傾斜しており、ちょっとでも大きく打つと奥のバンカーに入ります。ピンがグリーン左側のときは、左側からストレートかフェードを打つ必要があります。



Hole 11 (Par-4, 353 ヤード)

写真、ヤーデージブックよりもフェアウェーは広いです。フェアウェーウッドやハイブリッドでバンカー右側において、ショートアイアンのアプローチがセオリー。グリーンは、false front があるので、グリーンセンターまでしっかりキャリーするクラブで打つ必要があります。


Hole 12 (Par-4, 421 ヤード)

左フェアウェーバンカーの右あたりが狙い目。そこからロングアイアンなどのアプローチでグリーンを狙います。グリーン手前は谷になっているので、キャリーできそうにないときは、100 ヤード程度手前にレイアップするのがよいです。

Hole 13 (Par-3, 119 ヤード)

ピンが手前のときはグリーンセンターあたりが狙い目。バンカーに入れると、グリーンが小さく、傾斜もあるため止めにくい。短いながらもグリーンに乗せないととたんに難しくなるホールです。

Hole 14 (Par-5, 546 ヤード)

向かい風になることが多く、3 打が必要になる Par-5。3 打目は無理せずにフェアウェーバンカーの手前に置いておくくらいでいい感じ。グリーン自体は他のホールに比べて難しくないので、グリーン中央を狙ってゆけば 2 パットは楽です。

Hole 15 (Par-4, 372 ヤード)

ティーショットは、フェアウェーバンカーの左へ置く。バンカーをキャリーするには、220 ヤードで充分です。グリーン右側はすぐにハザードになるので注意。

Hole 16 (Par-3, 191 ヤード)

グリーン中央が、Ridge (丘) になっており、実質グリーンが 2 つに別れています。素直にピンデッドに、充分に大きめのクラブで打って行けばよいホールです。

Hole 17 (Par-4, 376 ヤード)

15番ホールと似た形ですが、グリーンの難しさが全然違います。15 番のようにグリーン周りにバンカーはありませんが、左に外すと傾斜が海に向かっているため、寄せるのがとても難しくなりボギーが確定します。グリーン右側は、15 番と同じくハザードなので右に外すのはもっと致命傷になります。ティーショットをできるだけフェアウェーバンカーの脇において、ショート〜ミドルアイアンでアプローチをしたいホールです。向かい風になることが多いホールです。


Hole 18 (Par-5, 524 ヤード)

最後は Par-5 です。ティーショットは右目へ(フェアウェーは見た目より広い)、2 打目は傾斜で左へ転がるのでフェアウェーの右半部を狙って残りが 100-120ヤード程度になるように運び、最後はピンデッドに狙います。グリーンは、Par-5 らしいめんどくさい傾斜があるので要注意です。


18 番グリーンを正面から見たところです。写真の右側が、2 打目をレイアップする地点になります。今回はなんとか 3 打目をピン左横 4 フィートにつけてバーディで締めくくりました。












0 件のコメント:

スパニッシュベイ (Spanish Bay Golf Links) をプレーする

スパニッシュベイ (Spanish Bay Golf Links) は、モントレー (Monterey) にあるペブルビーチリゾートコースの 1 つです。コースの名称通り、海沿いにつくられリンクススタイルのコースになります。野生の鹿もたくさん生息しています。 基本デ...