ちょっと大たたきだけど、よいゲーム内容@Stanford Golf Course (5 GIRs, 32 Putts)

実に3ヶ月ぶりにStanford GCへ行って来た。6ホールで大たたきをしたものの、概ねショットはよく (ティーショットの平均距離が215ヤードくらい)、パットが素晴らしかった。レギュレーション通りにグリーンにたどり着いたホールで3パットをしてしまったものの (9番, 15番), 特に18番ホールでは最高のパットで締めることができた。 また、1番ホールでは初めてドッグレッグのコーナーをカットできた。高低差による効果は大きいものの、260-270ヤードくらいのドライブに相当する。小さな事の修正で、このように大きな成果が得られるのは嬉しい。このように素晴らしいドライブなのにスコアが7だったのは、単にプランがマズく, 欲を出して普段使わない3-woodを手にしてしまったためだ。。。インターカレッジの後のコース設定なので、普段よりも幾分グリーン周りおよびラフが難しくし上がっていることを考えれば、スコアは悪くはない。結局はグリーン周りのショット力およびメンタル・エラーによって10打くらいは違っている。

Gold Made Simple (http://www.golfmadesimple.com/) のポッドキャストによると、81を打つためのリファレンスとなる数字は以下のようになっている:
  1. 6 Fairways
  2. 6 GIRs
  3. ONLY 217 yards off the tee
  4. 32 putts/round
この数字と今日の成績を比べると、ほぼ近い数字だ。感触としては80半ばから前半で回るような感じだったのだが、やはり普段甘っちょろいプレーをしているのがこいうところにでるんだろうな。。。特にフェアウェーのように浅いラフに慣れすぎると。

Stanford University Golf Course (71.0/137)
http://www.stanfordgolfcourse.com/

Hole123456789OUT
Black
501
423193
146
396
408
479
144
348
3038
Par
5
4
3
3
4
45
3
435
Score7
6
43
6
5
6
3
545
Putt221
12
2
1
2
3
16
+/- Boggy+1
+1
0
-1+10
0-1
0+1

Hole1011
12
13
14
15
16
17
18
INTOTAL
Black
404348
427
406163
347
490
167422
33966212
Par
44
443
45
34
3570
Score7
5
7
53
57
34
4691
Putt2
1
2
1
2
3
221
1632
+/- Boggy+20+20-10+1
-1-1+2
+3

  • 32パット (16+16, 1ホールあたり1.77パット)
  • 9 fairways (#1,#2,#6,#7,#9,#12,#15,#16,#18)
  • 5 greens in regulations (今日の目標は6 GIRsだった)
  • 5 pars
  • 215 ヤード (ティーショット, 13回の多めに見積もった平均, これでも実は最近1,2ヶ月の平均よりも20-30ヤードは長いのだ)
  • 2 triples, & 4 doubles (悪の根源)
  • 2.4パット/GIR (つまりパーオンしたホールでの平均パット数)

3-woodはもう要らない!?

ゴルフを初めてから、3-woodは大のお気に入りのクラブでティーショットの半分以上は3-woodで打つこともありました。しかしながら、どうやら最近は、ティーショットで打てば左斜めに飛び出していたい目にあったり、とんでもないミスをしたり、平均するとドライバーの方がエラーが少ない感があります。また、Par-5やPar-4で3-woodを使う事は無いに等しいのでますます最近は活躍の場が減ってきました。筋力などが変わって、クラブが物理的にあわなくなったのかもしれません。クラブが妙に軽い。。かといって、もし新しい3-woodを買うとしても投資に見合う成果はない、つまり、3-woodが上手く打てるか否かに自分のスコアの是非は依存しないのです。それはただの自己満足になってしまい、単なる負債を作ることに他なりません。

それだったら、平均のパット数を32,33くらいから、27,28くらいに減らす努力をしたほうが懸命でしょう。3-woodを替えてハンディキャップが5縮まる確率は低いでしょうが、パット数を5減らせばハンディキャップもそれに応じて小さくなるからです。

もちろんコースの設定や種類で最終的な決定は行われますが、しばらく3-woodはバッグから抜いてしまうことにしました。ドライバーで不安なホールは、19°のハイブリッドで打つ事にします。


芝生の保護
最近アイアンを振ると芝を刈り取ってディボットができることが多くなりました。昔やっていたように、次回からはディボットミックスをいれるボトルを携行せねば。

0 件のコメント:

スパイグラス•ヒル (Spyglass Hill) をプレーする

基本データ コース長さ / コースレート / スロープレート blue: 6960 / 75.5 / 147 yellow: 6538 / 73.2 / 144 white: 6123 / 71.4 / 137 red: 5381 / 72.9 / 1...