2009年8月20日木曜日

L字パター: Cleveland, Designed By

コースで使うパターはマレット型に落ち着きそうなのですが、個人的にはL字のパターがすきです。しかし、L字パターは芯で正確に打たないといけなくて、マレット型パターよりもミスに敏感ですので、コースで使うにはかなり覚悟がいります。


From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク矯正課



逆にいえば、ミスに敏感なのでパターのストロークを練習をするには、適した道具なのかもしれません。


$80ほどで手に入れたClevelandのDesigned Byモデルですが、これが一番気に入ってます。90を切ったときにつかってた記念品。が、どうもクラブヘッドのコントロールが不安定で、ストローク中にグリップが腰に当たるため、シャフトを思い切って1.5インチ短くして、32.5インチにしました。


OddessyのRossieや、SeeMore m3wには負けますが、短いシャフトのお陰で、このL字パターのストロークに安定感が増した気がします。

From Oddessy White Hot Rossie


From SeeMore m3w




自分は距離のアドバンテージは皆無なので、パターをもっともっと上達してスコアアップを目指したいです。


From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク矯正課

0 件のコメント: