2010年3月16日火曜日

困ったら基本に戻る - Jack Nicklausのスィングの基本事項

フルスィングの練習を久しぶりにしました。ほぼ半年ぶりに、ドライビングレンジで打ったかもしれません。


ところが、(当然) ボールがあたらず、1/3はスライス/シャンクでした。多分、なにかおかしいのでしょう。グリップから見直すことにしましたが、、、

『そういえば、どうやってクラブは握ったらいいのだろうか。。。????』

と真剣に悩みました。こうなると、(本来はシンプルにするべきなのに)いろいろ試行錯誤複雑に考え始めて深みにはまります。ちょっとグリップを自然にできるように、ビデオをみてみましたので共有します。





彼(や他の偉大なプレーヤー) が言うように、ゲームをいかにシンプルに考えてプレーするか、てのがいいですね。↓のビデオでは、ボールを曲げ方を説明していますが、基本的に同じスィングで、変えるのはボールの位置とクラブフェースの向きだけ。




ゴルフのプレー方法は一つではないので、スクゥエアなアドレスからスィング中に意図的にクラブフェースを開いたり、腰の回転量を調整して打つこともできるでしょう。しかし、それは再現性がとぼしく、かなり特殊な打ち方になりそうですので、軌道をコントロールするには、同じスイングでなんとかできるようにしたいですね。



以下、参考にしたYouTubeビデオです。このころの、Nicklausは、若いなー。





0 件のコメント: