2008年1月25日金曜日

PGAツアープロのスィングを観察する - Hip Rotationが欠けていた

スィングについて分析。PGAツアープレーヤのスィングをスローモーションで観察して、推測したことを幾つか書いてみる。

まず、自分との大きな違いは「ダウンスィングを腰の回転 (hip rotation)で開始している」(のではないか) ということだ。

Hip rotationで開始することによって、


「自然に - 意識しないで、体重が右から左に移動する」

「自然に - 意識しないで、頭が残る (ダウンスィングの最初の, ごくわずかの時間は頭が左から右に動く人もいる)」


その他もろもろ、Ben Hoganの言うところの「Chain Reactions」が起きる。

ということで、ダウンスィングの始動をHip Rotationで始めることによって、シャンク症候群などの種々の問題が解決するのではないだろうか。



0 件のコメント: