2008年5月9日金曜日

バンカーショットについて

バンカーショットは、結構苦手です。なるべくバンカーに入れないようにコースでは打つ場所を考えて打っているつもりですが、、、、、どうしても入ってしまいます。


最近、近くのコースの19番ホールでバンカーの練習をしていて思ったのは、バンカーショットも普通のショットも打ち方は全く同じでよい、ということです。スピンをかけてとめるとか、いろいろお考えはありましょうが、アマチュアは、とくにハンディが2桁ある場合は、打ち方は1種類で統一した方が楽かと。ただ、サンドウェッジのバウンスを使って打ちたいので、あらかじめクラブを開いて構える(グリップする)ことが違ってきます。また、もう一つ違うのは、バンカーでは、ボールを打つまえに砂を先に打たないといけませんので、ボールを通常よりも2-3インチターゲット側に置きます。あとは、通常のピッチショットを打つときのように打てば自動的にバンカーから脱出してくれました。(たまたま, でないことを祈りますが)


ちょっと前は、ボールは2-3インチ前に置いて、その手前を力一杯力んで叩き込むようにして打っていました。ある程度上手くいっていましたが、最近はそのまんまボールに当たってホームランすることが多くなり、見直しを迫られておりました。


バンカーでも、普通のショットと同じ動作で、唯一ボールの位置を注意するだけでずいぶんとマシに、頭を悩ませることなく打てる感じがしております。

0 件のコメント: