2008年10月15日水曜日

こんなパターを打ってみたい - USGAルール不適合品だけど

ふとあるとき単純なシリンダー錠の真鍮にシャフトとグリップを付けたパターってどんなもんかいな、と思い立って絵を描いてみました。形状はゲートボールのスティックに似ています。特に工学的解析に基づいた形でもなく、本当に打ち易いデザインかどうか定かではありませんが、構造は非常に単純。ストローク方向に質量が集中しているので、なんとなく直感的に、直進性がよかったりして、と想像しています。

シリンダーの大きさは直径が3cm、長さが6cm、材質が真鍮だとすると、356gくらいの重さになります。総重量は500g弱かいな?

From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク研究課


しかし、このいびつなパターの形状は、USGAルールに不適合。


http://www.usga.org/playing/rules/books/rules/appendix_II.html
のFigure IXによるとフェースの幅が、シリンダーの高さに対して短すぎ。無理矢理適合させるには、クラブフェース面に平行に、7インチ未満の板をつけるとよいようです。時間ができたら、木材で試作してみるかいな。

0 件のコメント: