2009年4月17日金曜日

コンクリートのようなグリーン @ Stanford Univ. Golf Course

From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク矯正課



今日のグリーンは固い,固い。明日から大学対抗の試合が行われるようですが、グリーンが固く、普段の1.2倍は転がりました。PWやショートアイアンで打ったボールがとまらず、3~5m は転がったりします。この間の、Bayonetよりも「固く険しい」グリーンでした。


Rate: 68.8/Slope: 126

Hole1 23456789OUT101112131415161718INTOTAL
White486388166123356385447132340282338034344638613732043815539329985821
Par 543344534354454345343671
Score644244647415444546454182
Putt122121232162012221211329
+/- Boggy0-10-2-1-100+2-30-1-2-1+1-1000-4-7
100yds
圏内
223122335232122423322144 (2.44)


  • 7 GIRs
  • scramble = 2/11 [ホール]
  • トリプル x1
  • パット = 29 [打]
  • 100ヤード圏内 = 2.44 [打/ホール] (合計 44打)
  • PPMG (putts per missed green) = 1.36 [打/ホール]


18ホールが終わるまでスコアの合計は数えなかったのですが、「あのダボとトリプルが。。」と思ったときには後の祭りでした。けど、再現性が著しく低いショットや、パットも数多くあり、「ナイス・ボギーパット」に何回か助けられたので、運と不運は平均化されていたみたいです。


100ヤード圏内のショットが44打、目標の1ホール平均2.50打を破ることができたのは幸いでした。けど、まだまだ足場の悪いライからのチップショットなど、練習するべき部分が多いです。今回だと、
  1. 「つま先上がり+左足下がり」のラフからのショット
  2. 「左足上がり」+深いラフからのショット
にやられました。特に、1. の方はウェッジのブレードを入れるのが微妙。。要練習です。



コースレート/スロープはおかしいんではないか?

最近コースレート/スロープが改訂されて、
  • 赤: 73.0/140 -> 72.7/137
  • 黒: 71.0/137 -> 70.6/131
  • 白: 69.8/131 -> 68.8/126
と厳しく判定されました。

うーん、今回プレーした白ティーに限っていうと、コースレートは100歩譲って、スロープが126というのは変だなー。スクラッチプレーヤーだと、確かにバーディが量産できるホールが数多くあるので、68.8は妥当なのかもしれません。

けど、スロープ(ハンディ18のプレーヤーにとってのコースレート) は、130台になって然るべきなコースだと思う。全体に表示距離がやや短めとはいえ、表示距離よりも長く感じるホールもあるし、グリーン周りは険しく、グリーンは速いのに。

0 件のコメント: