2009年6月9日火曜日

33%がんばればスコアアップするのではないか説

前回エントリーに関連して、膠着状態を打破する策です。

頭でわかっていながらも、いざコースにでると実力を遥かに超えたレベルの結果を期待しすぎるのも上達を阻むのかもしれません。ほんのわずか上、くらいが丁度いいのかなと思います。

  • Greens in Regulations (GIRs): 33% = 6ホール
  • Scrambles (パーセーブ): 33% = 12ホール中 4ホール
  • (スコアには関係ないけど) Fairway Hit: 33% = 6ホール

加えて、
  • ダブルボギーの数を最小限にとどめる。理想は0だけど、いままでたった1度しか達成していないので、最低1,2個のダボは覚悟しなければならないでしょう。

トータルで8~10オーバーくらいのスコアにまとまりそうですね。
(これを捕らぬ狸の皮算用というのですが。。。)

その辺りを100歩譲って考えてみても、そんなにすごいことをしなくても、3-5打くらいは平均してよくなりそうな気がなんとなくしてきました。


そうすると、どうしても必要なのが
  1. パット (距離感 + 3フィート圏内は確実に成功させる)
  2. グリーン周りの比較的簡単なライからのチップ (5~6フィート以内に寄せたい)


あと、風がつよいコースでは特に
  • 8~6番アイアンをつかって100ヤード前後からグリーンのどこかに乗せるショット
ができればそう変なスコアにはなりにくいでしょう。



From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク矯正課




パターは以前つかっていたマレット型にスィッチしてみました。打感を気にしなければ、驚くほど簡単に打てますね。。。


From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク矯正課

0 件のコメント: