2010年7月15日木曜日

シャンクに困っていませんか?

すごいビデオがありましたのでご紹介します。

Swing Plane Drill」というタイトルのビデオですが、僕が一夜にしてシャンクを直したときに教わったドリルと似ています。動画ですので、ものすごくわかりやすいです。シャンクにお困りでなくても、一見の価値ありです!





シャンクが発生する課程は、いろいろあるかもしれません。クラブヘッドがインサイドから動いているのか、それとも、アウトサイド(カット軌道) からきすぎているのか、それぞれだと思います。が、なんらかのせいで、クラブヘッドが本来よりも「外」を走るので、ボールがホーゼルにあたるのがシャンクです。シャンクを直そうとするよりも、スィングそのものを見直して効率のよいクラブヘッドの動きに変えたほうがよいかもしれません。



例えば、インサイドすぎる軌道↓ はNG。このように棒がよいガイドになるので、よくわかります。いくら「インサイド - アウト」にボールを打てば飛ぶ、とはいってもこれはやりすぎ。シャンクにならなくても、トップ、ダフり、右プッシュ、左フックなどあらゆるミスが暴発しやすいスィングになります。ゴルフの経験が長い方にけっこういらっしゃいます。

From アメリカ シリコンバレー的ゴルフ研究所 (2)



かといって、アウトサイドすぎてもNGです↓

From アメリカ シリコンバレー的ゴルフ研究所 (2)




ちょうど、このポジションで、クラブのシャフトと地面が平行になるといい感じです!

From アメリカ シリコンバレー的ゴルフ研究所 (2)




このポジションでだいたい、ハーフからスリー•クォーターの位置ですが、シャフトとプレーンが平行です。こういう感じになれば、スィングでもっとも重要なインパクトが、ボールとクラブフェースが衝突する瞬間が、スクウェアになるのでエネルギーの伝達がよくなり、「飛びます」。

From アメリカ シリコンバレー的ゴルフ研究所 (2)





この練習をするには、リシャフトなどで余ったシャフトや、最近流行の平行棒 (2本で$15ドルくらいのやつ) を、構えたときのシャフトと同じ角度につきさします。これでスィングをしてみてください。また、棒をつきさす角度は、身長、手の大きさ、腕の長さ、クラブで微妙に変化させてください。


いきなりフルスィングでなく、チップショットやピッチショットなどの短いスィングから序所にはじめて、フルスィングにしていくと、超短期間で驚くほどの効果がでるとおもいます。

From アメリカ シリコンバレー的ゴルフ研究所 (2)


ヘッドスピードはそんなにかわらないかもしれませんが、クラブの芯付近にボールが当たる確率はあがりますので、方向性も安定し、平均飛距離が伸びる、文字通り「飛ぶ」ようになると思います。

0 件のコメント: