結局、記念に頂戴したクラブは。。。

ドライバーを新調するつもりが、現在の技量ではどのドライバーでも大して変わらない(=上手に打てない)という結論に達したため、


結局パター


を頂戴することになりました。皆様いろいろとご迷惑をおかけしました。アドバイス等もありがとうございました。



肝心のドライバーはこれまで同様、Titleist 975JとCallway X-460を気分で入れ替えることになります。



ちょっとは固い思考を変えて、近代的なパターにするかな〜〜、と思っていましたが、なぜかまた外観と打感に一目惚れしまして、Cleveland GolfのDesigned By, 1904モデルにしました。










グリップも美しい。


ヘッドカバーもナイスです。



肝心のパフォーマンスといいますと、伝説の「じっちゃんパター」よりも、若干重めで「チキンショート」が起こりにくい感じがします。また、L字でありながら、少々ダフって打ったり、じっちゃんパターのように芯を数mm外しても割とよい当りがします。こっちの方が、より直進性に優れ、よいパットができるかもしれません。


ということで、じっちゃんはしばらく休暇です。



パターだけは不定期にローテーションされるのでまた先発するときが来るでしょう。
  1. ClevelandのDesigned By, また別なL字パター
  2. 今回の優勝記念のCleveland Designed By L字パター
  3. Odyssey, White Hot Rossie, 近代的なマレット型パター (ボールマークを直し易い)
  4. じっちゃん・パター (メーカー等不詳, 両面打ち可能)

次は、マレットパターくらいが出てくるかもしれません。




この手のクラシックなパターの重大な欠点は、



グリーン上のボールマークを直す



のに苦労する点です。アイアンのソールの方がまだ広いぞ、と。

0 件のコメント:

スパイグラス•ヒル (Spyglass Hill) をプレーする

基本データ コース長さ / コースレート / スロープレート blue: 6960 / 75.5 / 147 yellow: 6538 / 73.2 / 144 white: 6123 / 71.4 / 137 red: 5381 / 72.9 / 1...