スコアの記録方法

スコアや種々の統計値 (stats) を毎回どのように記録しているのか?という質問を最近いただくことがありました。


当所としては特に何もしていないのですが、何故か頭の中に記録されています。更にスコアだけでなく、どのクラブで打った、どういうライだったか、風向き、パッティングのライン、距離などについて割と細かく再現できてしまうという、非常に気味が悪い方法? です。数年前のスコアカードでも見せられると、かなり詳しく再現できるかもしれません。


先日Santa Claraへ参ったときは、スコアカードを受付で取って行くのを忘れたので、頭で記録して後で思い出すことにしました。で、翌日ミーティング(が終わった後) に机の紙に書いてみたのですが、こうなります:
  • 6 GIRs
  • Scramble: 2/12 (16%)
  • 100ヤード圏内: 57 (3.16/ホール): チップとパット両方よくない
  • 36パット (3パット4回, 全てグリーンを捉えた場合)
  • ダボ x2 なのは平均の範囲内.
  • 追い風の影響もあり単純計算で260ヤード近いティーショットが1回あった。他にもよいティーショットがありました (が、次打で撃沈)。975Jの古いドライバーを使いました。

これはどうしても「Anger Management」および「練習場での悪い癖をコースへ持ち込まない」ことに尽きます。



元に戻って、記録についてですが、これは最近ストロークが減ってきたためでもなく、3-4年前くらい、ダボ平均で回るのがやっとだったり、果ては9ホールで60-70を叩くレベルでも紙にホールマップと球筋や選択したクラブなどをプレー後に書き出すことができました。


ちょっとはこういう特性を家族の誕生日をきっちり覚えるとか、請求書の期限を忘れないことに使いたいものです。。。

0 件のコメント:

スパイグラス•ヒル (Spyglass Hill) をプレーする

基本データ コース長さ / コースレート / スロープレート blue: 6960 / 75.5 / 147 yellow: 6538 / 73.2 / 144 white: 6123 / 71.4 / 137 red: 5381 / 72.9 / 1...