2009年3月31日火曜日

Titleist 975D+Proforce V2 Woodシャフトは飛距離30% UP @ SU GC

April Fools前日なのに、騙されたようにボールが飛んでくれました。

今日は予約無しだったので、同伴者は同じく飛び入りでやってきた人たちと一緒です。そのうち2人が、飛ばす飛ばす。彼らは、フルバックティーのCardinal Tee (赤ティー) からプレーしてたんですが、普通に後ろから30-50ヤードは先にオーバードライブしてきます。飛距離にして、290-310ヤードくらい? いいものをみせていただきました。

From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク矯正課



自分の結果は、ぼちぼちでした。バックスィングと道具の修正が効果を上げてきたのか、ティーショットがよく飛びました。甘い平均を取るとまだまだ214ヤードくらいですが、250ヤード超になることもあり、昨年まで最大飛距離が210ヤードがやっとだったことからして驚く伸びです。かといって、ハンディキャップが下がっているわけでもないのですが。。。去年にくらべて、max 30% UPしてたら、「あんまし飛ばんから」という理由でハンディキャップが下がらない言い訳ができなくなりましたな。。。トリプルを叩かないプラン作りがまだまだなようです。


結果:
  • 5 GIRs (#1, #4, #8, #14, #15)
  • 0 scramble (0 /13)
  • 100ヤード圏内: 50打 (2.78 打/ホール)
  • パット数: 33 (3パット1回、グリーンが整備中で超低速)
  • ダブルボギー: 3回, トリプルボギー: 1回
  • スコア: 42+44 = 86
  • コースレート: 70.6/131, Par: 70, 全長: 6212ヤード

今年の目標は、ダボの数を減らして、ダボ以上を打たないことなんですが、やらかしてしまいました。できないことを無理強いしてトリプルでなくして、単なる打ちミスの繰り返しから発生してしまったので、林から脱出するショットをちょっと練習しないと。。。というわけで、3番アイアンから5番アイアンをつかって、80-120ヤードくらい転がす練習をしてみようと思います。


From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク矯正課



18番ホールは422ヤードのPar-4で、2打目が残り200ヤードを越えるのが常。今回はよく飛んで残り150ヤードの地点まで到達していました。レギュレーション通りに届く(かもしれない)ホールが増えるのは嬉しいですね。



From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク矯正課





バックスィングの修正は某ゴルフ店で教わったのですが、これで練習するだけであらゆるシャンクが解消する上に、インパクトが良くなり、ダフりやトップなどの嫌なミスも減ってきました。更に、スライスする回数も少なくなったようです。[参考1, 参考2]


From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク矯正課

0 件のコメント: