2009年4月19日日曜日

夏本番? @Shoreline Golf Links

From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク矯正課



全般に、よいパットに助けられていいプレーができました。

Shoreline Golf Links (69.3 / 123)

HOLE 123456789OUT
Yards 4893613511343343773711424683027
Par
54434443536
Score54
5
3
6
5
44
4
40
+/- Bogey-1
-1
0-1
+1
0-1
0
-2
-5
Putts1
0
2
2
1
122
1
12
100ヤード圏内
2
2
3
2
4
3
2
3
2
22











HOLE 101112131415161718INTOTAL
Yards 48212534434635836748913737530346061
Par
5344445343672
Score6
35
44
555
7
4484
+/- Bogey0-1
0-1
-1
0
-1
+1+2-1
-6
Putts2
2
2
21
2
2
2
21729
100ヤード圏内
3
2
3
2
2
3
2
4
3
24
46
  • 6 GIRs
  • 100ヤード圏内: 2.55 打/ホール (合計46打)
  • PPMG (Putts Per Missed Green) = 1.50 打/ホール (= 18打/12ホール)


痛いミス


あと2打くらい縮めたかったです。18番ホールでは、ティーショットをOBしてしまったのが痛かったです。ここは元々3番ウッドで打つ予定にしていたはずです。

今日はドライバーの飛びがよく、9番ホールはグリーンオーバーながらほぼ2オンでタップイン・バーディ、他のPar-4では2打目の残りが100ヤード以下になるなど、異常事態でした。

ということで安易に「今日はよく飛んでるから」という理由だけで、予定変更して18番ホールのティーショットはドライバーを選択。ドライバーは飛ぶものの、左右+/- 30ヤードは目標からずれていたので、18番ホールのようなOBが迫っているホールでは御法度なはずなのですが、冷静に考えられたときには、後の祭りでした。

確率として:
  • 3番ウッドなら18番ホールでOBになるのが10回中、1,2回
  • ドライバーなら18番ホールでOBになるのが10回中、4回 (またはそれ以上)
よって、迷わず3番ウッドでうち、手堅く5つ、運良く4つ、どんなにヘマをしても6つにすべきでした。欲を抑えるのは大変だなー。


やはり、17, 18番は欲の皮が突っ張ってしまったかもしれません。反省。




余談

高温+乾燥した気候に助けられたのか、9番ホールではティーショットがよく飛び、残りが175ヤード程。ゴルフを始めてから、初めてPar-5で2オンする(かもしれない)状況に巡り会えました。結果は、4番アイアンでハーフトップのドローだったので、少々グリーンをオーバーしましたが、タップイン・バーディができたのはよい経験でした。

From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク矯正課

0 件のコメント: