2010年7月17日土曜日

ベンホーガンの Apex 2番アイアン

注文していたベンホーガン Apex 2番アイアンが到着しました。

From アメリカ シリコンバレー的ゴルフ研究所 (2)



90年代くらいのApexのモデルかと思うんですが、ものすごくよい状態。だれも使ってくれなかったんでしょう、このクラブ。ソール幅は、自分のApexアイアンよりも狭いのですが、構えたときに若干肉が盛りでてるのが気になるところ。

目安までに測っていただいたスペックは:
  • 長さ: 39.5インチ (0.25インチ、自分の基準より長い)
  • ライ角: 58°
  • 重さ: 399.5 g
  • スィングウェイト: C9
  • ロフト: 17°
  • フレックス: Apex 4 (stiff)
重さは自分のアイアンとくらべていい流れです。が、、、、ロフトが17度って、「1番アイアン」です。ですので、さっそくその場で20°にまで曲げてもらいました。自分の3番アイアンは22°なのと、シャフトが0.75インチ更に長くなるので、上手にうてたときの飛距離差はいい感じなのではと思います。

グリップは、いつものようにGolf Pride Tour Velvet (.58'', リブ無し) を表差ししていただきました。

フレックスは、公称ではStiffに属するそうですが、Regular でも、Stiff でも、アイアンの場合は差を感じとることができません。


From アメリカ シリコンバレー的ゴルフ研究所 (2)



From アメリカ シリコンバレー的ゴルフ研究所 (2)




打った感じはいいですね!

単なる「新車効果」かもしれませんが、久しぶりに打ってみて気持ちのいいクラブにめぐりあえました。ドライバーよりは好きになれそう。


このクラブで200ヤード程度のターゲットを狙うのはそうとう難しそうですが、ティーショット専用の「ドライビングアイアン」としては、使えるかもしれません。


この2番アイアンに慣れて、3番アイアンが簡単と思えるようになれればいいのですが。。。

0 件のコメント: