2008年11月12日水曜日

たまには道具を疑ってみるのも吉 - Titleist 975D ドライバーのバランスがD6ですって!?

突然発作的に、メタル・ウッドの調子の変動がアイアンやウェッジ、ハイブリッドよりも激しいことが気になりましたので、普段からお世話になっている店でスペックを計っていただきました。よく考えたら、ゴルフを始めて以来、一体どんなスペックのウッドを使っているのか全く知りません。例えるなら、成分表示のない牛乳を飲み続けているようなもの。どんな変な食品添加物が入っているかも知らずに飲み続けているようなもの。


とりあえず気持ちが悪いので、数値でどんな物体を振っているかを知る事にしました。



計ってみてびっくり。アゴが落ちそうでした。。。



計った数値は4つ:
  • 長さ
  • 振動数
  • 全重量
  • スィングウェイト
  • (リアルロフトも計っておいたらよかったな。。。)
対象クラブは4本:
  1. Titleist 975D (9.5°, UST ProForce Gold 65, R-flex)
  2. Titleist 975J (10.5°, Aldila NVS 65, R-flex)
  3. Lynx Predetor II (15°, Aldila NVS 65, R-flex)
  4. Titleist 906F2 (15°, GD YS-6+, S-flex)



まず、ドライバーを打つのを楽しくしてくれたeBayで$29で落札した、Titleist 975D:

From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク研究課

  • 長さ= 45インチ
  • 振動数 = 249 cpm
  • 総重量 = 335 g
  • スィングウェイト = D6
顔よし、打感よし、距離も”たまに"よく飛んでいい感じ。。。。なんですが、いまいち安定しないこのクラブ。確かに、重いです。やはり、スィングウェイトがD6もある。ウェッジかいな? Woodsのドライバーですら、D4くらいだったはずなのに、D6って明らかに重い。私の場合は、D1前後が適当だと勝手に想像していたのですけど。


こんなクラブを安定してうてるわけがない!!!


クラブヘッド自体が重いので総重量が重くなるようです。これにスチールシャフトを付けて打っていたWoodsって一体何者?リシャフトする気はしなかったので、シャフトを1インチカッとしたら、総重量は331gになり、D2にまで下がりました。けど長さが短くなって、さらにStiff-flexっぽく仕上がったかも。これでダメならシャフトとグリップを最適化していただこうかな。。。 






次に、なんだかんだいってメインで使っているTitleist 975J:


From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク研究課

  • 長さ = 44.25インチ
  • 振動数 = 241 cpm
  • 総重量 = 325 g
  • スィングウェイト = D1
全体に重めですが、長さは理想的、振動数もR-flexぽい感じで、D1だからましな方ですな。けど、いじる余地はあるかも。しばらくはこれでがんばる。打ち方に関して言えば、まだバックスィングで右膝が伸び上がっていて、頭が上下している。その辺が修正できれば、もうちぃっと安定して打てるかも。






3本目は、ゴルフを始めた初期から使い続けているLynx 3-wood。もう3年以上使っています。けど、今日を持って現役引退になりました。


From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク研究課

  • 長さ = 42.5 インチ
  • 振動数 = 250 cpm
  • 総重量 = 325 g
  • スィングウェイト = C3
フレックスはややSより、重量がドライバーより軽いのはNG。なによりも、ヘッドが軽く作られており、シャフトはカットしているので、スィングウェイトがC3にまで落ちている。軽く振りやすいのですが、左へのミスがかなり出易い。だから左への引っかけやフックが多かったのか。。。? このヘッドは、43インチ以上の長さのシャフトを入れないといけないみたい。けど、引退です。






最後に、良い勉強になったTitleist 906F2:

From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク研究課

  • 長さ= 42.5 インチ
  • 振動数 = 282 cpm
  • 総重量 = 332 g
  • スィングウェイト = C9
明らかに固すぎ!X-flexくらいになってます。こんなのが安定して打てるわけがない。シャフトを入れ替えたら使える余地はありますけど。。。やっぱ本気でCraigslistで売りたくなりました。このクラブは(も)めっちゃ、off-the-rack で買ったもの(つまりフィッティングなし)ですが、適当に買うとだめですね。。。




というわけで今使っていたウッド(とくに3-wood)はまるでダメ、ということがよくわかりました。明らかに不揃いだし、自分の特徴とマッチしない。そりゃ、ティーショットが安定しないわけですな。975Jはとりあえずokの範囲、調整?した975Dもまだ使えそうです。とにかく、どんな道具を使っていたかを知る事ができて貴重でした。


が、ゲームのキーとなる3-woodがないと始まらないので、思い切って乗り換えました。


実は、3-woodよりも、シャフトが若干短くて、ロフトがついている4-woodをかねてから代わりにバッグに入れたいと考えておりました。その方が、ティーショットでも使えるし、フェアウェーからより打ち易いからです。実際、3-woodをフェアウェーから打つことはほとんどありません。 


すると、都合良く4-woodの中古が$29である、とのことでラッキーでした。しかも、デザインがすっきりしているClevelandのLauncher。これまた、顔つきが良い。

From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク研究課


From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク研究課


From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク研究課


( 調子にのって、グリップをピンクにしましたが、よく考えたらシャフトの色と合っていない。。。下品。)



比較として、スペックは:
  • 長さ = 42.75インチ
  • 振動数 = 246 cpm
  • 総重量 = 325 g
  • スィングウェイト = D1.5
という具合で、Lynxや906F2に比べたら、随分と改善された数値です。



あとは、グリップ、アドレス、バックスィングが修正できたら打てるかな...?

0 件のコメント: