欲張りから発生する「素トリ」をなんとかしたい @ De Laveaga

雲量0の快晴、初夏のような陽気に恵まれ、De Laveagaでプレーしました。これだけ条件がそろって、好スコアを望むのは欲張り過ぎ。。。

ということで、数ホールで撃沈しました。良いショットやパット、ゲームプランは多々あったのですけどね。。。
From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク矯正課



De Laveaga (68.4/132)

Hole123456789OUT
White
482
316
149
309
156
365
343
113
383
2616
Par5
4
3
43
4
4
3
4
34
Score5
5
5
3
3
5
5
6
7
44
Putt1
2
1
1
1
2
3
2
215
+/- Boggy-1
0
+1
-2-1
0
0
+2
+2
+1
100-yd
2
3
4
1
2
3
3
5
4
27 (3.00)
Hole1011
12
13
14
15
16
17
18
INTOTAL
White
561
152
342
302
309
155
373
469
429
3092
5708
Par5
3
4
44
3
4
5
4
3670
Score(7)
4
4
5
5
3
5
6
544
88
Putt(2)
2
2
22
2
22
1
17
32
+- Boggy+1
0-1
0
0
-1
0
0
00
0
100-yd
(5)
3
2
3
3
2
3
4
3
28 (3.11)
55 (3.05)

  • GIRs = 4
  • Scramble = 2/14 (14%)
  • 10番ホールは、ESCのため7打。実際は、7オン4パットの11打。ESCでカットされるとわかると、途端にやる気をなくす悪い癖もなんとかしないと。


素トリ多すぎ!!!


大たたきを回避するコースマネージメント・プラン - 200ヤードの攻め方 にていろいろと大たたきを防ぐ策を考えたんですが、それでもやらかしてしまいました。プランどおり、堅くプレーできたホールもそれなりにありましたけど、欲の皮が一度突っ張るとなかなか元に戻らない模様。


特に9番ホール。ティーショットを左へ大きく曲げたものの、そこから安全に100-150ヤード圏内に戻せばいいものを、50-100ヤード圏内へボールを進めようと欲張って自滅。技術的には、第2打を打つときに、頭が上下に動く悪い癖が戻ってしまっていたかも。しばらくは、スタンスを狭くした、5,7,9番アイアンのハーフショットで100ヤード弱打つ練習をする、だな。

素トリが多いのは、どうしても100ヤード周りの出来が悪いせいでしょう。未だに100ヤード弱以内の距離が1打でのらず (#3, #8, #9, #10) ストロークが6~8打は無駄になっている。ピンに寄る必要はまったくないので、どんなライでもグリーンのどこかにのるように練習しないと。

逆に、今回やや多用した100-120ヤードを5番アイアンで打つショットは意外と使えそう。特に、木の枝が邪魔なときや、適度に距離をとばして220ヤード前後から刻むときなど、なかなかよい感じでした。体のバランスがしっかり保てさえすれば。。。の話。

相変わらず、パーセーブ率 (scramble) が14%と寄らず入らずのボギーになってばかりですが、こればっかりは練習するしかないようです。もし100ヤード以内のゲームをTiger WoodsやPhil Mickelsonに代わってもらったとしたら、、、最低12打くらいはよくなるんじゃないかなと思います。つまり、飛距離は190-220ヤードくらい、GIRsが4つくらいでも、70の後半、どんなに悪くても80前半に収まるのではないでしょうか?

まずは、なにがなんでもグリーンのどこかに乗せるように、なりたいです。今回のような「素トリ」が、ボギーくらいで収まりることが多くなり、それだけで5ストロークくらいセーブできます。




素トリのもう一つの原因 = 距離の見積もり



大たたきの原因の一つに、距離の見積もりのミスがありました。見積もりのミスとはいえど、目測は概ね正しく、打つ直前に選んだクラブは合っていたのですが、打つ直前に不安になりそれが大たたきに繋がっています。スコアカードよりも、直感を信じるほうが良さそうです。今後のラウンドを想定して、Google Earthで標準的な長さを計っておきました。



3番ホール:

グリーンセンターまで122ヤードくらい。15フィート程のうち下ろしです。9番アイアンで行くぞ、と準備したものの、直前になって8番に変更。(グリーンオーバーしました)

From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク矯正課




8番ホール:

グリーンセンターまで123ヤード。見た目通り、125ヤードくらいありました。ティーグラウンドの傍にあるヤーデージ表示の看板には、113とありますけど、何かの間違いと思われます。加えて若干打ち上げですので、低く見積もるとショートしやすいでしょう。

From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク矯正課


なぜかこのホールのバンカーだけは砂が固く、SWのバウンス使わないで打たないといけないのに、クラブフェースを開いて構えてしまってヘッドが砂で跳ね返り、場外ホームランを放ってしまいました。



来月こそは、"庭"で4~5ラウンドしたい。。。

0 件のコメント:

スパニッシュベイ (Spanish Bay Golf Links) をプレーする

スパニッシュベイ (Spanish Bay Golf Links) は、モントレー (Monterey) にあるペブルビーチリゾートコースの 1 つです。コースの名称通り、海沿いにつくられリンクススタイルのコースになります。野生の鹿もたくさん生息しています。 基本デ...