2009年8月23日日曜日

ヒップローテーション (腰を切る) を速くしすぎるとスライスする説: Ben Hoganはこうしてフック病を直した

Jack Nicklaus著の"Golf My Way"を眺めていて発見したことがありました。シャンクを直すのに躍起になっていたころは、「ダウンスィングをヒップローテーション、腰の回転をきっかけにして開始し、できるだけ速く回すようにする」と信じていました。現在はそうしてはいませんが、自分のようなスライサーにとっては、スライスを助長する方法なので有効ではなさそうです。

"To make room for the arms to swing the club freely past the body and out toward the target, the golfer must synchronize a smooth turning hips toward the target with is targetward leg motion. The faster he makes this hip turn, the later the club will be "released" by his hands and wrists, and thus the greater will be his chance of fading, or slicing, the shot. The slower the golfer's hips turn, the faster his hands and wrists will "release" the club, increasing his chance of drawing, or hooking, the shot."
(Jack Nicklaus, "Golf My Way", 153ページ)


腰を速く回せば回す程、クラブのリリースが遅れるため、フェード・スライスになる確率が上がります。


逆に、腰の回転が遅いと、クラブのリリースが早くなり、ドロー • フックになりやすいようです。


ベン • ホーガン (Ben Hogan)は、キャリアの初期のころはフック病になやんでいたらしく、腰の回転を意識的に速くするようにして、インパクトでクラブフェースをオープンにするためにクラブのリリースを遅らせていたようです。

よって、スライサーが彼の"モダン•ゴルフ" (The Modern Fundamentals of Golf) のスィングをそのまま真似るとスライスが酷くなるかもしれません。基本的な内容はすばらしいのですが、上の引用にあるように、手と腰と足の動きはタイミングよく同調させないといけませんね。確か、私のコーチも"基本的にはいいが、彼はフックを矯正するためのスィングなので、鵜呑みにはできない"と申しておりました。そのときは意味不明でしたが、やっと理解。。。




彼のように打てればいいですねぇ。。。



今となってはなぜシャンクを一時的に直せたのかは不明ですが、腰の回転と腕の動きは程よく同調しないといけませんね。。これら↓は、スライサーにとってはスライスをさらに誘発するかもしれません。

いまは、切り返しをどうスタートしているのか、説明できないのですが、とりあえずボールは前か左右どちらかに飛ぶようになっています。


From アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所 - シャンク矯正課



シャンクを直す、または、安定したショット (consistentなショット) を打つには、テークバックの開始に注目するのが、効果的で即効性が高く、永続性がありそうです。

0 件のコメント: