守りのゴルフ (2) - ダブルボギー (DBW) を減らす

前回のポスト (守りのゴルフ (1) - 過去 10 年分、149 ラウンド / 2682 ホール分のデータを分析する) で、過去 10 年のラウンド分析をしました。ゴールは、平均的にスコアをよくしてハンディキャップを減らすことです。

仮説としては
  • ダブルボギーまたはそれより悪いスコアを減らす (DBW, Double Bogey or Worse の略)
  • 3 パットの数を減らす
を立てました。


今回は、DBW を減らす点について分析します。単純に、ショートゲームをよくすればよいという問題ではないと思います。ダブルボギーを打つパターンとして、
  • ティーショットを OB する > よくてもダブルボギー、トリプルボギーでもおかしくない
  • ティーショットを曲げて木の後ろ > パンチアウト > 3 打目が上手くのらない > 4 オン 2 パット
  • ティーショットを曲げて木の後ろ > パンチアウト > 3 打目がグリーン > 3 パット

やはり、
  1. ティーショットをとりあえず次打がやさしく打てる場所に運ぶ
  2. ショートアイアンはとりあえずグリーンのどこかにのせる
  3. (3 パットを回避する)
ということで、ロングゲームが問題になっているのではと推測しています。


直近のラウンド結果と SVM Classification

最近今年 25 ラウンド目をプレーしてきたのですが、10 GIR ながらも、81 に止まり 80 すら切れませんでした。トリプルボギーが 1 回あり、8 回ミスしたグリーンのうち 1 回しかセーブできませんでした (12.5 %)。Putt per GIR (GIR したホールでの平均パット数) は 2.0 なので、これは OK。トリプルボギー以外は、バーディ 1、パー 9, ボギー 7 個でした。

もっとスクランブル率を良くすればよいこともありえますが、ダボ、トリプルはスコアメイクの大敵です。

アプローチの距離とダブルボギーの回数

ここでアプローチの距離は、Par-3 であればティーショットの距離を、Par-4, Par-5 であれば、それぞれ 2, 3 打目の距離を意味します。

下の図は、アプローチの距離別にダブルボギー (DBW) を叩いた数を Par-3, 4, 5 別に示したものです。青が今年、赤が去年です。



Par-3, 4, 5 に共通なのが、年間 1, 2 回とはいえども、80 - 140 ヤード程度の距離から、ダブルボギー以上を叩いているという事実です。2017 年の合計で 13 回。この時点でのデータは 24 ラウンドでしたから、決して少なくない数字です。昨年から改善はしていますが、この距離では凡ミスすぎます。ショートアイアン、ウェッジの距離です。これが 0 になれば、平均して 1 ストローク以上は改善が期待できます。


また、Par-4 では、170 ヤード以上の残り距離でダボになりやすい。ティーショットをミスして、難しいライから打っていたり、ハイブリッドを上手く打てなかったり、無理してグリーンを狙っていた、などの理由が原因かもしれません。また、レイアップしたものの、100 ヤードちょっとの距離からグリーンに乗らなくてダボになってるとか。。ここは、次回以降で、ティーショットとの関連性などを調べて見たいと思います。



アプローチの距離と GIR の結果

DBW とは話が変わりますが、アプローチの距離で調べていて、GIR も問題が見えてきました。下の図は、アプローチの距離別に、GIR (パーオン) 率を図にしました。


150, 200 ヤードの範囲は乗ればラッキーだと思っています。それよりも赤枠で囲んだ領域が問題。残り距離が 80 ~ 140 ヤード程度だと、とりあえずグリーンに載せたい。ウェッジから、7 番アイアンの軽打でとりあえず乗るはずです。それが意外と乗ってない。50-60% と、2 回に 1 回程度のレベルです。110 - 120 ヤードの範囲は特に「谷間」になっていて、ダメすぎます。

やはりショートアイアン、ウェッジの練習は大事そうです。この距離がグリーンに乗れば、先述の DBW を減らすのに直接役に立ちます。

この図はパーセンテージしか表していないので、何回中、何回グリーンに載せられたかも調べてみたいと思います。


来週からは、80 - 140 ヤード、ウェッジ、ショートアイアンの練習を増やすようにしたいと思います。

次に調べるのは:

  • 3 パット、1 パットの確率とパットの距離の関係
  • スクランブル率と、残り距離の関係
です。


(続く)






















守りのゴルフ (1) - 過去 10 年分、149 ラウンド / 2682 ホール分のデータを分析する



職業柄データ分析が好きです。2016 年からは割と細かく記録してきたのですが、ここで思い切ってありったけのスコアカードを集めて、もっと細かく 1 ホール毎の統計を取ってみようと思い立ちました。

各ホール毎に、

  • スコア
  • パット数
  • ティーショットが in-play になったか (Par-3 の場合はグリーンに乗ったか)
  • 第一パットの距離
  • 100 ヤード圏内の打数
  • アプローチの距離 (Par-3 はティーショットの距離、Par-4 は 2 打目の残り距離、Par-5 は 3 打目の残り距離)
  • スクランブルの距離
  • ペナルティの数 (lost ball、OB、池ぽちゃなど)
  • グリーン周りのバンカーショットの有無
  • パットの入った距離
9 つの指標 (feature) を書き出し、最終的には 38 種類の指標が揃いました。といはいっても、実際に役に立ちそうなのはせいぜい 10 個くらい。

表題の通り、僕の場合は狙ってパーやバーディーをとるのは難しく、それよりもしょうもないミスを減らしてディフェンスに徹した方が平均的にスコアがよくなる感じがしています。これからのスコア分析は、自分の弱点や、しょうもないミスが数値的にどこで発生しているのかを、はっきりさせて、その点を重点的に練習していくのが狙いです。

細かい分析は追々書いていくとして、全体的な統計をみてゆきます。


年毎の変化

18 ホールのスコア

下の図は、年間の 18 ホールの平均スコアを黄色で、最悪と最高のスコアを濃い緑で示しています。(11月中旬時点で) 2017 年の平均スコアは 82.75、最悪なのは 91、最高は 72 でした。今年は 24 ラウンドプレーできていますが、90 を超えたのは 1 回だけ。去年の平均が 86.0 だったので、1 ラウンド辺り 3.25 ストローク縮まっています。やはりレッスンによる修行の成果がでてきたのかもしれません。やっぱスィングを直すのは 1 年以上は我慢する必要がありそうです。
スコアカードは 2007 年から残っていましたが、2007 ~ 2011 年くらいはその年のベストスコアに近いものしか残っておらず、平均値がよく見えてしまいます。また、2011 年は、Par-63 のコースで 69 を打ったことがあり、69 なんてスコアが入っています。

スコアのレベル毎に分けると、下の図のようになります。今年は、70台、80前半のスコアが 70 % 占めました。昨年は、スィングを習い始めて我慢の年で、よいスコアもあり、100 を超えたラウンドもあります。

パーオン (GIR, Green In Regulation) の数

パーオン (以下、GIR) もスコアにかなり大事な指標です。数値モデルにすると、最も変化に敏感な指標の一つです (dy/dx_i が大きい) 。今年は昨年よりもさらに 1 近く増え、6.91 でした。今年の平均値が、以前の年間の最高値よりもよくなっているというのが、とても嬉しいです。

パーまたはバーディーの数 (Par or Better)

ラウンド中に、パー、バーディーの出る数です。今年は平均で 8.45 で、8 を超えており、残りはボギーとダボです。ということは、ダボの数を減らすだけでも、平均スコアがよくなるはずです。

ダブルボギーの数 (DBW, Double Bogey or Worse)

ということで次は、ラウンドごとのダブルボギーまたはそれより悪いホールの数 (DBW) です。今年の平均は、2.33、2016 年は 3.61, 2015 年は 3.00 でした。昨年よりも 1.28 個減らせたのは歓迎するところですが、それでも 2 個を超えているのはいけません。来年はラウンドにつき 1 個までに減らしたいです。

Par-3, 4, 5 別の平均スコア

おまけで Par-3, Par-4, Par-5 ホール別の、平均スコアの推移です。次第によくなってきてはいます。が、Par-5 は 5.0 近い平均にしたいです。

70 台のスコアを出すには

いままでのラウンド毎のデータをつかって、分類 (Classification) をしてみました。丸点は実際の自分のラウンドデータを表しています。赤、白、緑で分類された領域は、それぞれ 70 台、80 台、90 以上のスコアになるであろう領域をしめします。この分類には、Support Vector Machine を使いました。縦軸は、パーより良いホールの数 (Par or Better, POB) を、横軸は、ダブルボギーより悪いホールの数 (Double Bogey or Worse, DBW) を示しています。オレンジの点が今年の平均値です。

今年の POB の平均が 8.45 だったので、ダブルボギーを打っていては 80 を切るのは無理ですね。。。



別な指標で、同じ 70, 80, 90 台のスコアの分類です。今度は横軸にパーオンの数 (GIR, Green In Regulation) を、縦軸にパーセーブの数 (Scramble, スクランブル数) を表しています。オレンジが今年の平均です。平均的に 70 台にするには、GIR と Scramble を 1 ホールづつ増やす (8 回パーオンして、10 回ミスしたホールのうち、4 ホールでパーを拾う) のが目標になりそう。

次は、ダブルボギーを減らしたり、凡ミスを減らすための分析等をしてみます。今回の図には現れていないのですが、今年は 1 パットが少なかったなぁと感覚的に記憶しています。その辺りも分析で明確になればいいなぁと思っています。

(続く)



余談

分析自体は、とっとと結果を見たいこともあり、綺麗なプログラミング & 設計よりも、結果重視。データは全部 JSON にしてローカル•ファイルにベタ打ち、Python と numpy, matplotlib, pandas, sci-kit を主に使います。今後のデータ入力を携帯電話から行えるようにするとかなってくると、React-Native なんかで簡単な入力インタフェース作って、Firebase にデータベース設置するとかもありえますが、多分自分以外にニーズは特にないということで保留しています。

スパイグラス•ヒル (Spyglass Hill) に再挑戦: もうちょっとで 79


(13 番ホール Par-4)

今年 2 回目の挑戦となりました。前回は 91 の残念な結果でしたが、今日は天気もよく十分に準備をし、8 回目のラウンドで一番よい成績でした。

スコア: 41 + 40 = 81 
パット: 33
Par: 10
ダブルボギー: 1 / バーディー: 無し
GIR: 8 (ボギー•オン: 16)
Putt Made Distance (PMD): 38.5 フィート (2017 年平均は約 55 フィート)
Proximity: 17.9 フィート (Proximity GIR: 29.0 フィート)
Putt per GIR: 2.125
100 ヤード圏内の打数: 45
Scramble: 3 / 8 (37.5%)
Handicap differential: 7.53

1, 3 番ホールでは、9番アイアンでグリーンオーバーしたりなかなかよいスタートが切れませんでした。なんとかボギーにはしましたが、最初 3 ホールは比較的スコアをしやすいため、1 つはパーを取りたいところです。

その後は、パー、ボギーが続き平均的によい感じでした。

16 番の440 ヤードの長〜い Par-4 では、アプローチが残り 190 ヤード。グリーン周りにとりあえず届かせたいために、3 番ウッドで打ったのですが、かなり良い当たりをしすぎてグリーンをオーバー。このホールだけダブルボギーにしてしまいました。3 番アイアンくらいで打ったのでよかったかもですが、こういう判断ミスによる 1, 2 ストロークの損失が今後クリティカルになってくると思いました。


(5 番ホール Par-3)

アンラッキーなホールと同じく、運良く救われたホールも数多くあったので、運と不運が平均化されたラウンドでした。

修行を積んでいつかは 80 を切りたいコースです。


ついにパー•プレーを達成 (9 ホールだけだけど)



ついに一つのマイルストーンに達しました。普通のPar-72のコースで、(9ホールだけだけど) パープレーの 36 で初めて回れました。これまで Par-3 が 9 ホールの Par-27 のコースで 27 というのはありましたが、Par-4, Par-5 が混じったコースでは初めてです。コースレート 35.3、スロープ 115 なのでかなり簡単なコースではありますが。。。

  • 1 ボギー, 1 バーディの 36 (14 パット)
  • GIRs = 5 / 9
  • Scramble = 3 / 4 (75%)
  • ボギーオン率 = 100%
  • Handicap Differential = 0.7 (35 で回らないとスクラッチレベルに達しない)
  • 100 ヤード圏内の打数 = 18

スィングがよくなってロングゲームが改善されたのが大きいのかなぁと思います。15 ヶ月の辛抱が数字に現れてきたかもです。あとは "フェードやドロー•ボールは、クラブフェースを打出し方向に構えてスィングするのが正しい" にて、クラブフェースと、スィングパスの関係がよくわかったのも幸いしました。

次は、72 を目指します。




Proximity
最近から、Proximity というグリーンに乗ったときのホールからの距離も記録するようにしているのですが、
  • GIR (パーオン) 時の Proximity = 31 ft. (10.3 ヤード)
  • グリーンを外した時の Proximity = 4 ft. (1.3 ヤード)
  • トータルの Proximity = 20 ft. (6.6 ヤード)
という感じで、Scramble 75% になったのはパターは平均点ながらも、寄せがホールにとても近かったのが幸いしました。

Proximity の記録をはじめてからはまだ 8 ラウンドくらいですが、GIR 時の Proximity と最終的な 18 ホールのスコアには負の相関関係がありました。このあたりは別のエントリーで解説します。

Proximity をどう記録するかというと、まずグリーンに達した時点で、デジタルパットのために歩測します。僕の場合、1 歩が 2.5 ft. ですので、12 歩だと 30 ft. (10 ヤード) の L-L ストロークになります。それをラウンド後に、GIR だったかも合わせて思い出して記録します。不思議と各ストロークが、どんなライで、どんな意図で、どのクラブで、どのような打ち方をしたのかよく覚えているものです。








スパイグラス•ヒル (Spyglass Hill) をプレーする



基本データ
  • コース長さ / コースレート / スロープレート
    • blue: 6960 / 75.5 / 147
    • yellow: 6538 / 73.2 / 144
    • white: 6123 / 71.4 / 137
    • red: 5381 / 72.9 / 133
  • 通常料金 $395 (2017 年時点), メンバー価格 $225
  • https://www.pebblebeach.com/golf

コースの特徴
  • 通常設定では、Pebble Beach リゾート内で最難関。ティーショットが 230 ヤード程度だと、白ティーからプレーした方がベター。
  • スコアカードの表示距離より、長く感じます。5% くらいは長い。白ティーからでも、6400~6500 ヤードのコースをプレーしている感じです。特に、#6, #8, #9, #13, #16 は長い。
  • Par-3、Par-5 は短めなので、これらでスコアを稼ぐのがポイント。大部分の Par-4 はボギーで終われば上出来とする。
  • ホールの形状として、ティーショットは打ち下ろし、アプローチを打ち上げることが多い。それ故にアプローチは、1, 2番手大きめに打つ必要があり、実質長く感じるのでしょう。
  • グリーンは小型で、陸の孤島と化してるものが多い。バンカーや深いラフで花道がなく、転がして乗せるのができないホールが多く、しっかりキャリーで高く打ち上げて乗せる技術が要求されます。この点でも Pebble Beach よりも難しいなぁと思います。
  • ティーショットは、ドライバーを振り回しても大丈夫なくらい、広々としています。
  • 難攻不落なコースで何度でもプレーしたいと思われるコースです。
  • プロショップはこじんまりとしていて、Pebble Beach のように観光地化していないのがいいです。練習場が併設されており便利です。

ドライビングレンジ、パッティンググリーン、ショートゲームグリーン完備です。


無駄がないプロショップ。こういう方が落ち着きます。



過去の成績
  • 86 - 86 - 92 - 92 - 84 - ?
  • 全て白ティーからプレー。


ホール解説


ティーショットは 200-240 ヤード程度の、Par-5 は基本的に 3 打で届かせるのがスタンダードになる人向けです。7 番アイアンの有効距離が、135-140 ヤード。200 ヤードは直接狙う距離でなく、5 番ウッドくらいで近くに打って寄せワンを狙い、あわよくばグリーンに乗ればいい、といったレベルです。 基本的にフェードボールが持ち球として飛球線を描いています。

個人的な目標としてゴールドティーくらいからはプレーしたいので、各ホールの距離はゴールドティーにしました。



Hole 1: Par-5, 564 ヤード

緩やかの打ち下ろしの Par-5 です。フェアウェー右目にボールを置くと、次打のアングルがよくなります。グリーンは陸の孤島で花道はありません。グリーンは中央が丘になっており、3 打目の距離感も重要。


ティーグラウンドの様子。1 打目は、フェアウェー奥の木がよい目標です。距離が出ない場合は、さらにその右でもよいです。

2 打目はアプローチのアングルを考えて、右目に狙います。左足下がりのライになるので、ボールはスタンスのやや後ろに置くとダフリにくいです。



Hole 2: Par-4, 321 ヤード

短い Par-4 ですが、正確性が要求されます。グリーン手前 120 ~ 140 ヤードくらいがもっとも平らなライになります。アプローチは、1 番手は大きく打つ必要があります。200 ヤードのティーショットをうち、アプローチに110-130 ヤード程度の距離を残すのがセオリーかと。グリーンは小さいので、旗は無視してグリーンの中心を狙って、 2 パット。


グリーンの傾斜は左から右(写真奥の方に傾斜)。旗を狙わず、グリーンセンターでも 2 パットはしやすいです。



Hole 3: Par-3, 150 ヤード
1 番手分は打ちおろす Par-3。海風の方向でクラブ選択も迷います。白ティー (125 ヤード) からだと、9 番アイアンを 3/4 で低く打つのでちょうどいい感じでした。ゴールドティーだと、風がなければ 7 番くらいになるのかなぁと思います。



グリーンは、手前から奥に傾斜します。ここも 1 パットは難しいけれども、2 パットはやさしいグリーンなので、旗の位置は無視して、グリーンセンターを狙って打つのがベスト。



Hole 4: Par-4, 358 ヤード
旗の位置によって、ティーショットの置き所が変わる Par-4 です。プロの場合、旗がグリーンの手前の場合は、ティーショットはフェアウェー左側。旗が奥の場合は、フェアウェー右側からが攻めやすいそう。グリーンの幅がありえないくらい狭く、ティーショットはできるだけ距離を稼ぎたい。グリーンの手前に旗がある場合でも、とりあえずグリーンの中央か奥へアプローチし、登りのパットを残すようにするのが楽かもです。ですので、ティーショットは、フェアウェー右側へおく。


ティーグラウンドからの、ティーショットのイメージ図。


グリーンです。矢印のように、はげしく傾斜しています。



Hole 5: Par-3, 169 ヤード

海沿い最後のホール。グリーンセンターめがけて、風次第ですが、1 番手大きめのクラブで狙います。



Hole 6: Par-4, 413 ヤード
ここから林間コースになり、Spyglass の難しさが出現します。6 番な中でも特に難しい。ティーショットは広々しています。アプローチは 2 番手は大きく打ってもいい。グリーンは 2 段グリーンになっており、旗がグリーン手前の場合は、手前かむしろショートさせてもよいくらい。パーが、バーディーのような感じのホールです。



Hole 7: Par-5, 513 ヤード
Spyglass の Par-5 は比較的パーが取りやすくなっています。プロや上級者の試合では、バーディを取るのが基本になります。グリーンは、右から左へ激しく傾斜しています。見た目にはわかりにくいのですけど。


Hole 8: Par-4, 375 ヤード
8 番も難しい Par-4 です。長い、長い。ティーショットをフェアウェーのおいて、ウッドやロングアイアンでアプローチになります。375 ヤードですが、430 ヤードくらいの感じですね。このグリーンの登り傾斜がかなり激しいので、パターも強めに打たないと極端なショートをすることがあります。



Hole 9: Par-4, 414 ヤード
Front-9 の上がり 2 ホールは過酷なテストです。こちらもじわじわ登りのホールになっていて、414 ヤードですが、450 ヤードをプレーすることになります。アプローチは 1 番手は大きく打たねばなりません。ここも寄せワンでしぶとくパーにできれば上出来なホール。


Hole 10: Par-4, 377 ヤード
珍しく全て打ち下ろしの Par-4 です。ティーショットはバンカー左横がベスト。木のおかげで、ティーショットを左にうちすぎると、2 打目でグリーンを狙えなくなります。アプローチは、グリーンセンター目がけて、打ち下ろしに関係なく表示距離なりに打って行くのがベストです。



Hole 11: Par-5, 491 ヤード
6, 8, 9 番ホールは「2 打で届くのはしんどいなぁ」と思う反面、Par-5 は「がんばれば 2 打で届くのでは?」と思えてきます。右にドッグレッグしますので、ティーショットは左へ、バンカー方面へ 2 打目をうち、3 打目は 1 番手は大きく高い球でグリーンを狙います。


2, 3 打目は、グリーン右手前にバンカー群があるので、遠くから狙う場合はグリーンセンターが安全。



Hole 12: Par-3, 160 ヤード
打ち下ろしの Par-3。1 番手は小さく打ってよしです。グリーンセンターで幸せになれるでしょう。奥のバンカーに入れると、ボギー確定です。

グリーン手前からの様子です。


Hole 13: Par-4, 435 ヤード
6, 9 番ホールと同じく長大な Par-4。距離も長い上に、グリーンの傾斜も難しくパットも気が抜けません。グリーン左手前は、ラフが深くチップをするのも難しくなるので、レイアップする場合は、フェアウェー右がベターです。

ティーショットの狙いどころ(ベストな位置)。


Hole 14: Par-5, 525 ヤード
S 字型の Par-5。ここも 3 打目は 1 番手大きめが必要。旗は狙わずグリーンセンターがよいです。ここはグリーンの奥行きもないので、2 打でできるだけ距離を稼ぐのが重要。



Hole 15: Par-3, 120 ヤード
短い打ち下ろしの Par-3。クラブ選択にいつも悩みますが、グリーンセンターをめがけて打ったのでよいでしょう。ティーでは、右側にティーアップした方がグリーンの左右幅を使えます。


ティーからの眺めです。


Hole 16: Par-4, 454 ヤード
実質 Par-5 の長さがある Par-4。フェアウェー右に大木があり、その左側へティーショットをおいて、ウッドなどでグリーンを狙うのでしょうけど、2 打で届く気が全くしないホールです。プロはだと、ドライバー、6 番アイアンくらいでしょうか?


ティーグラウンドからの眺めです。


グリーンです。ここの奥から手前への傾斜が大きいですね。旗の手前から行きたいところです。珍しく花道があるホールです。


Hole 17: Par-4, 312 ヤード
比較的易しい Par-4。ティーショットは 200 ヤード程度をうち、100-110 ヤードくらいのアプローチをします。アプローチは 1 番手は大きく打たねばなりません。

このグリーンも陸の孤島です。


Hole 18: Par-4, 387 ヤード
真っ直ぐな Par-4 です。アプローチは、他と同じく 1 番手大きめに打つ必要があります。


残り 180 ヤードくらいからの眺めです。


Monterey (Del Monte Forest) のゴルフ場全体図
Cypress Point, Monterey Peninsula はプライベートコース。それ以外はパブリックコースです。個人的な一押しは、Poppy Hills。